コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーダングラス スーダングラス Sorghum vulgare var. sudanense; Sudan grass

5件 の用語解説(スーダングラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーダングラス
スーダングラス
Sorghum vulgare var. sudanense; Sudan grass

イネ科モロコシ属の大型一年草。アフリカナイル川流域のスーダン地方の原産で,モロコシ (蜀黍) に似て高さ 3mぐらいに達する牧草の一種である。特に干し草用として栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーダン‐グラス(Sudan grass)

イネ科の一年草。高さ約2メートル。葉は広線形で長い。秋、淡黄色の穂をまばらにつける。アフリカの原産で、牧草として栽培。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スーダングラス

アフリカ原産のイネ科の一年生夏作飼料作物エジプトからスーダンにかけて生育していたが,主に米国で牧草として栽培されるようになった。草丈は1〜2.5m,茎径は6〜8mm。
→関連項目牧草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スーダングラス【Sudan grass】

飼料作物として栽培されるイネ科の一年草。アフリカ原産。最初スーダンで発見され,20世紀初めにアメリカに導入され,品種改良された。茎は細いが,草丈は2mほどになる。葉身は長さ30~50cm,幅1~2cm。よく分げつし,茎数が100本以上に増えることもある。初秋に,茎の先端にまばらに開いた穂を出す。種子は3~4mmの楕円形で,淡黄色から淡紫色の光沢のある穎(えい)に包まれる。5月ころに種をまき,7月ころから9月にかけて3回ほど刈り取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーダングラス
すーだんぐらす
Sudan grass
[学]Sorghum sudanense (Piper) Stapf.

イネ科の一年草。アフリカ原産で、最初に発見されたのがスーダン地方なのでこの名がある。モロコシの近縁種で、高さ2メートルになり、地際から多くの枝を出して株状となる。葉身は長さ30~50センチメートル、幅1~3センチメートル。初秋、茎の先に、まばらに穂をつける円錐(えんすい)花序を出す。種子は長さ3~4ミリメートルの楕円(だえん)形で、淡黄色から淡紫色の光沢のある穎(えい)に包まれる。茎葉を飼料とするため栽培され、おもに乾草やサイレージ(埋蔵飼料)として利用する。青刈りを利用する場合には、若い茎葉に青酸が含まれることがあるので、いったん乾かしてから与える。20世紀初めにアメリカに導入され、品種の改良がなされ、日本には第二次世界大戦後に導入された。暖地用牧草として普及し、関東地方以西では空き地などで野生化もしている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーダングラスの関連キーワードテフ飼料作物ハトムギ(鳩麦)高粱禾穀類四国稗油料作物蜀黍モロコシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone