コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズイナ Itea japonica Oliver

世界大百科事典 第2版の解説

ズイナ【Itea japonica Oliver】

暖地の山中に見られるユキノシタ科の落葉低木で,幹の高さは1~2m。若葉をヨメナのように食べるので,ヨメナノキともいう。枝はよく分枝し,若い枝は淡緑色。葉は互生し,卵状長楕円形で先は鋭くとがり,長さ7~12cm,縁に細鋸歯があり,両面に約8対の平行した側脈が目だつ。5~6月,枝の先に長さ5~17cmの上向きの総状花序をつくり,多数の小さな白色の花を開く。花弁は卵状披針形で5枚,直立し,同数の萼裂片とおしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズイナ
ずいな
[学]Itea japonica Oliv.

ユキノシタ科の落葉低木。若葉をヨメナのようにゆでて食べるので、ヨメナノキともいう。幹は高さ1~2メートル、若枝は淡緑色。葉は互生し、卵状長楕円(ちょうだえん)形で先は鋭くとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。両面は、約8対の平行した側脈が目だつ。5~6月、枝先に長さ5~17センチメートルの上向きの総状花序をつけ、白色の小花を多数開く。花弁は卵状披針(ひしん)形で5枚、直立する。萼片(がくへん)、雄しべともに花弁と同数、雌しべは1本で柱頭は頭状、子房は半上位。暖地の山中に生え、近畿地方南部、四国、九州に分布する。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ズイナの関連キーワードバルハシ湖娵菜木

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android