コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイファート銀河 セイファートぎんが Seyfert galaxy

7件 の用語解説(セイファート銀河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイファート銀河
セイファートぎんが
Seyfert galaxy

アメリカの天文学者 C. K.セイファートが 1943年に分類した,特徴のある中心核を持つ渦巻銀河。激しい活動をしている明るい核からは,可視光だけでなく,電波,赤外線紫外線,X線が放射されており,クエーサーと多くの類似点が見られる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セイファート‐ぎんが【セイファート銀河】

米国の天文学者セイファート(C.K.Seyfert)が1943年に発見した、銀河系外の活動銀河の一。小さな明るい核をもち、スペクトルは幅の広がった輝線を示す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セイファート銀河【セイファートぎんが】

活動銀河の一種。1943年にC.K.セイファートが特別に分類したもの。中心に恒星のように輝く核があり,そのスペクトルは毎秒数千kmから数万kmの速度に対応する幅の広い輝線を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

セイファート銀河【Seyfert galaxy】

きわめて大きな輝線速度が観測される活動銀河で,1944年にセイファート(C. Seyfert)が発見したのでこの名がある.膨大なエネルギーが放出されていることがわかるが,その原因については諸説がある.類似のものにマルカリアン銀河*呼ばれるものもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セイファートぎんが【セイファート銀河 Seyfert galaxy】

セイファートCarl K.Seyfertが1943年に特別に分類した活動的銀河の一種。中心に恒星状に輝く核を有し,そのスペクトルは,数千km/sから数万km/sの速度に対応する幅の広い輝線を示す。早期型の渦巻銀河に多く見られる。水素の輝線が数万km/sの幅を示し,酸素の禁制線も数千km/sの幅を示すI型と,水素の輝線のみが数千km/sの幅を示すII型とに分類される。I型は青紫色域で放射の超過を示すが,II型は比較的に赤い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セイファートぎんが【セイファート銀河】

アメリカのセイファート(C. Seyfert1911~1960)が1943年に発見した、激しい活動をしている銀河の一種。渦巻き銀河に似るが小さな明るい中心核があり、ここが活動源で超大質量のブラック-ホールが存在していると考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイファート銀河
せいふぁーとぎんが

銀河系外にあり、その中心核が活動的な性質をもった銀河。1943年、アメリカのセイファートCarl Keennan Seyfert(1911―60)が、いくつかの明るい銀河で高温または高エネルギー状態のガスから放射される強い輝線スペクトルを観測し、分類するなかで発見した。セイファート銀河は輝線スペクトルのドップラー効果による幅でタイプに大別される。タイプは水素や他の重い元素の輝線スペクトルの幅が広く、中心核に毎秒約1万キロメートル程度の速度で運動しているガスをもった銀河である。タイプでは輝線スペクトルの幅は毎秒約1000キロメートルに相当するガスを伴った銀河である。タイプのほうがより活動的と考えられ、銀河の中心核からは光以外に強いX線を放射している。この両者とも中心には巨大なブラック・ホールがあるとされている。最近、タイプの違いはセイファート銀河を見る幾何学的な条件によるもので、同じものが違って見えるという説が有力である。すなわち、タイプはセイファート銀河の銀河面による吸収(正確にはブラック・ホール周りの降着円盤またはガスによる吸収)が大きい方向から中心核を見る幾何学的条件になっているため中心核の活動領域が見えないものであり、タイプは銀河面を透かさず中心核をのぞき込むように見れるものであると解釈されている。セイファート銀河はクエーサーに似ているが、銀河系からの距離は近く、中心核を取り巻いて広がる銀河の腕の構造も見られる。電波の強度は比較的弱いため、電波の弱い活動銀河とよばれている。中心核から出るX線や連続光は日から月の時間スケールで変動するものが多く、放射線を出す領域は1光年以下と考えられる。[松岡 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセイファート銀河の言及

【銀河】より


[特殊な銀河]
 銀河の中には,強いX線,紫外線,赤外線,電波などの大量の高エネルギー粒子や,高温プラズマに起因すると思われる放射線を放っているものがある。電波銀河,セイファート銀河,マルカリアン銀河,クエーサー,BL Lac天体などと呼ばれるものがそれである。可視域では一般に青紫色光の過剰を示し,活動的な銀河中心核,あるいは活動的な中心部分をもっているものが多い。…

【赤外線天体】より

… さらに強力な赤外線放射が多くの系外銀河で見つかっている。とくにセイファート銀河やクエーサーと呼ばれる活動的な銀河では,われわれの銀河系の1000倍から1万倍に達する強い赤外線が放出されていることがわかっている。【奥田 治之】。…

※「セイファート銀河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セイファート銀河の関連キーワードファーセイファートギャラクシーファーストライフサイファー笠岡ベイファームファーファファーファ SpaアセスルファームKSeyfert,C.K.セイファート,C.K.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone