コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セクメト Sekhmet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セクメト
Sekhmet

古代エジプトの女神メンフィスで,最高神プターの妻として尊崇され,この夫婦の息子ネフェルトゥムとともに3大神のグループを構成した。雌のライオンの頭をもつ強力な戦神で,殺戮を好み,人類が神意にそむくことがあれば狂暴な残忍性を発揮して罰を加え,自分の流す血に酔いしれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セクメト【Sekhmet】

古代エジプトのライオンの姿をした女神。プタハの配偶神,蓮の神ネフェルテムNefertemの母で,メンフィスの三柱神の一人。後にムートおよびバステートBastet(ライオンあるいは猫の姿の女神)と同一視され,カルナックのムート神殿ではアメンヘテプ3世によるセン緑岩の座像が数多く発見されている。太陽神ラーに敵対する者たちを虐殺する役目をもち,死をもたらす女神として伝染病と結びつけられたが,一方,病から救う神ともされ,古くよりセクメトの神官団は医師および獣医師によって形成されていたことが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セクメト
せくめと
Sekhmet

古代エジプトの古都メンフィスで崇拝された女神。男神プタハ(技芸の神)の妻であり、子のネフェルテムとともにメンフィス三神とみなされた。セクメトは牝(めす)ライオンの姿で表現され、疫病あるいは太陽の強い光線、干魃(かんばつ)などを表すものとされ、人間の滅亡に手を貸すものとして恐れられた。ときにはセケトSekhetともよばれる。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android