コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セドナ Sedna

デジタル大辞泉の解説

セドナ(Sedna)

太陽系外縁天体の一つ。カイパーベルト天体に属す。2003年、パロマー山天文台からの観測で発見された。名の由来はイヌイット神話の海の女神。冥王星の外側、近日点76天文単位遠日点943天文単位の細長い楕円軌道を描いて、約1万1500年周期で公転する。直径は1200~1800キロメートルと推定され、発見当初は太陽系において冥王星以来最大の天体だったが、後に冥王星より大きい準惑星エリスが発見された。

セドナ(Sedona)

米国アリゾナ州中北部の町。州都フェニックスグランドキャニオンの中間に位置する。鉄分を多く含む赤い岩山が数多く点在。先住民アナサジ族、シナワ族の岩窟(がんくつ)集落跡が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセドナの言及

【イヌ(犬)】より

…この犬たちは,ヤマの館へいく死者たちが通る道の番をしており,死者たちはその場所を全速力で通り抜けねばならぬとも,ヤマの使者として人間界にやってきては,死期のきた人を主人のもとへ連れていくともいわれている。 エスキモーによって,〈海獣たちの母〉としてあがめられている大女神のセドナSednaも,犬とすこぶる結びつきが深い。神話によれば,彼女はもとは人間の娘で,父と2人だけで暮らしていたが,父にどんなに勧められても人間の夫との結婚を拒否し続け,しまいに雄犬と結婚して,父と別れて小島にすみ,たくさんの子を生んだが,そのあるものは犬で,あるものは人間だった。…

【海神】より

…海の最高神として知られるギリシアのポセイドンなどは,嵐を起こしたり鎮めたり,海戦を有利に導くとされるから,漁業神としてよりも航海神,戦神としての性格が強い。イグルリク・エスキモーは海の諸動物を統治する女神セドナSednaが彼らの生存を支えてくれていると信じている。セドナが立腹すると漁獲物が極端に減少し,生存が危機にさらされる。…

※「セドナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セドナの関連キーワード世界の神話にみる万象の起源セドナ国際映画祭エスキモーNEAT坂井香惑星海神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セドナの関連情報