コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミパラチンスク

百科事典マイペディアの解説

セミパラチンスク

カザフスタン,イルティシ川東岸の都市で,同名州の州都。鉄道の要地で,河港がある。食肉の缶詰,製粉,製靴などの工業が行われるほか,最大の船舶修理工場がある。1718年創設。19世紀末には政治犯流刑地にもなったが,革命後の1930年にトルキスタン・シベリア鉄道が開通してから同国の重要な工業中心地となった。1990年代後半にセメイSemeyと改称。28万1814人(2006)。→セミパラチンスク核実験場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セミパラチンスク【Semipalatinsk】

中央アジア,カザフスタン共和国北東部,同名州の州都であるが,1990年代に州名とともにセメイSemeyと改称された。イルティシ川東岸の港,鉄道の分岐点。人口34万5000(1991)。なお同州は面積17万9600km2,人口84万1900。1718年イルティシ川18km下流に城塞として建設,76年現在の場所に移動,82年以前はセミパラトカとよばれた。18世紀には交易中心地として栄え,1854年以来州の行政中心地となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミパラチンスク
せみぱらちんすく
Семипалатинск Semipalatinsk

中央アジア、カザフスタン共和国北東、東カザフスタン州の都市セメイのロシア語名称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セミパラチンスクの関連キーワードフセヴォロド イワーノフドストエフスキー(年譜)包括的核実験禁止条約イルティシ[川]ドストエフスキー核兵器禁止地域アムルサナ白血病原子力

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セミパラチンスクの関連情報