コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラフィーヌ セラフィーヌ Séraphine, Louis

3件 の用語解説(セラフィーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セラフィーヌ
セラフィーヌ
Séraphine, Louis

[生]1864.9.2. オアーズ,アッシー
[没]1942.12.11. クレルモン
フランスの女性画家。素朴派の一人とみなされる。生涯についてはほとんど不明。家政婦などをして貧しい生活を送っていたが,W.ウーデに見出され彼の援助で制作。果実,花,葉などを強烈な色彩で描き,神秘的で装飾的な画面を創造。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セラフィーヌ【Séraphine】

1864‐1942
フランスの素朴画家。本名ルイSéraphine Louis。サンリスセラフィーヌSéraphine de Senlisともいう。オアーズ県アルシーArsyに時計職人の娘として生まれ,貧しい生いたちのあとサンリスに出て家政婦となる。いつから絵を始めたかわかっていないが,1912年に素朴絵画の収集家で研究家のウーデWilhelm Uhdeによって見いだされる。しかし30年の大恐慌以降はウーデも援助ができなくなり,彼女自身もしだいに神経に異常をきたし,最後は精神病院で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

セラフィーヌ
Séraphine


1864.9.2 - 1942.12.11
フランスの画家。
オアーズ県アルシー生まれ。
本名Séraphine〉 セラフィーヌ〈Louis ルイ。
別名セラフィーヌ・ド・サンリス(Séraphine de Senlis〉。
サンリスで家政婦をするかたわら、創作活動を行い、1912年素朴絵画の収集家、研究家であるウーデによって見いだされる。モチーフの多くは花で、これを幻想的、神秘的に描いた作品には、狂気にも似たほとばしりが感じられる。晩年には精神の異常をきたし、精神病院で没した。主な作品には「薔薇の房」(’28年)などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セラフィーヌの関連キーワードジラールフランス組曲ジャベスピロスマナシビリフランスソワールマンデスフランスルイーズセヴラックエスマン素朴画家

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セラフィーヌの関連情報