コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレベス海 セレベスかいCelebes Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレベス海
セレベスかい
Celebes Sea

スラウェシ海ともいう。太平洋西部にある縁海の一つで,ミンダナオ,ボルネオスラウェシ (セレベス) の島々に囲まれた海域。北部でスル海に,東部で太平洋に,南西部でマカッサル海峡を通してバリ海につながる。面積 28万 km2。 4000~5000mの深度が大部分を占め,最深部は 6220m。水温は四季を問わず約 30℃。透明度は 20~40mに達する。太平洋の深海水がミンダナオ島の南から入ってきて,南西方向に流れ,マカッサル海峡で止る。カツオ,マグロの好漁場として知られ,漁期は 10月~2月。中心地はスラウェシ島メナド

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セレベス‐かい【セレベス海】

太平洋南西部のミンダナオ島・ボルネオ(カリマンタン)島・スラウェシ島に囲まれた海域。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレベス海
せれべすかい
Celebes Sea

インドネシアのボルネオ島、スラウェシ島、サンギヘ諸島フィリピンのミンダナオ島、スル諸島に囲まれた海域。東西は広いところで約840キロメートル、南北約680キロメートル、面積42万7000平方キロメートル、水深4000~5000メートル。表面の水温は一年中ほぼ27~28℃で一定し、しかもきわめて清澄であるため沿岸水域にはサンゴ礁が発達している。この海域は、マラッカ海峡の大型タンカー通行規制以来、ロンボク海峡経由で中東産油諸国と日本との間に大型タンカーが航行する重要な航路となっている。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セレベス海の関連キーワードアジア・オーストラリア地中海カリマンタンティムール州ダヌムバレー自然保護区カリマンタンウタラ州タビン野生動物保護区スラウェシウタラ州サウスコタバト州ミンダナオ[島]ゴロンタロ州マタキング島スールー諸島タラウド諸島カパライ島センポルナシパダン島ラハダトゥマブール島ダバオ湾マナド地中海

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレベス海の関連情報