コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センデル センデルSender, Ramón José

2件 の用語解説(センデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センデル
センデル
Sender, Ramón José

[生]1902.2.3. ウエスカ
[没]1982.1.15. サンディエゴ
スペインの小説家,ジャーナリストスペイン語圏の現代文学を代表する作家の一人。マドリードの著名新聞『エル・ソル』 El Solの記者をつとめながらヨーロッパ各地を旅行。内乱後グアテマラ,さらにメキシコを経て,アメリカ合衆国に移りニューメキシコ大学でスペイン文学を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センデル
せんでる
Ramn J. Sender
(1902―1982)

スペインの小説家。1935年、『カルタヘナウィット氏』で国民文学賞を獲得し文壇にデビュースペイン内戦では共和国側につき参戦するが、共和政府の勢力争いに失望して38年にスペインを去り、フランス、グアテマラ、メキシコを経てアメリカに居を定めた。アメリカの諸大学でスペイン文学を講ずるかたわら、いわゆる亡命作家として旺盛(おうせい)な創作活動を展開した。代表作は、第二共和政成立から内戦に至る時代を背景にアラゴン地方の田舎(いなか)司祭と青年パコとの交友を描く『スペインの農夫への追悼ミサ』(1953)、ある男の失踪(しっそう)を契機に、村に巻き起こる事件を扱う『人間の場』(1939)など。つねに弱者への人間的思いやりが作品の基調をなす。[東谷穎人]
『野々山真輝帆編『スペイン内戦と文学』(1982・彩流社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

センデルの関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone