セント・ジョンズ(読み)せんとじょんず(英語表記)Saint John's

翻訳|Saint John's

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ジョンズ(カナダ)
せんとじょんず
Saint John's

カナダ、ニューファンドランド州南東部の都市で、同州州都。人口9万9182、大都市圏人口17万2918(2001)。大西洋に面した港があり、周囲を山に囲まれている。この港は1497年にG・カボートにより発見され、タラ漁の中心地として発展、16世紀にはヨーロッパ諸国の漁船基地となった。今日では北大西洋防衛上の重要な港であるが、経済上の重要性は失われつつある。また、1901年、G・マルコーニがここで大西洋横断無線電信を最初に受信するなど、多くの歴史的事件の場でもあった。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

セント・ジョンズ(カナダ)【セントジョンズ】

カナダ,ニューファンドランド・ラブラドル州の州都。ニューファンドランド島東端に位置する州最大の都市で,グランド・バンクスの大漁場を控え,世界的な大漁港があり,水産加工業が盛ん。ビール,木材などの工業もある。10万6172人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セント・ジョンズの関連情報