コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューファンドランド・ラブラドル州 ニューファンドランド[ラブラドル]Newfoundland and Labrador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューファンドランド・ラブラドル〔州〕
ニューファンドランド[ラブラドル]
Newfoundland and Labrador

カナダ東部の州。州都はセントジョンズ。南部のニューファンドランド島と北部のラブラドルからなる。1497年ジョバンニ・カボートニューファンドランド島に到達し,ヨーロッパ人が最初に移民。その後スペイン,ポルトガル,フランスなどの船も訪れ,領土未画定の時代が続いたが,1713年のユトレヒト条約で正式にイギリスの植民地となった。1949年カナダ 10番目の州,ニューファンドランド州となり,2001年現州名となった。ニューファンドランド島は,カナダ本土とはベルアイル海峡セントローレンス湾カボット海峡で隔てられる。地形は南部が高く北東に向けて徐々に低くなる。南東部アバロン半島先端のミステークン・ポイントをはじめとする海食崖では,先カンブリア時代後期のエディアカラ紀の化石を大量に産する(2016世界遺産の自然遺産に登録)。最高点は西岸に近いグロスモーン山(806m)で,付近一帯はグロスモーン国立公園に属する。氷河作用による湖やフィヨルドが多い。森林が島の 35%を占め,パルプ・製紙工業が盛ん。北西端にランゾー・メドーズ国立歴史公園がある。ラブラドルは,西部および南部でケベック州と接する。海岸地域はカナダ楯状地の一部で,小起伏の高原(最高点は 1678m),氷河湖が多く,海岸線は出入りに富む。第1次産業が盛んで,19世紀までは水産物が輸出の 90%を占めていたが,20世紀に入り鉱物資源,森林資源が開発された。第2次世界大戦後に開発されたラブラドルシティーなど鉄鉱山もある。ニューファンドランド沖には世界屈指の漁場グランド堆があり,タラ,ニシン,サケ,エビなどを漁獲。住民の 90%はイギリス,アイルランド系が占める。面積 40万5212km2。人口 51万4536(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニューファンドランド・ラブラドル州の関連キーワードニューファンドランド[島]ランスオメドー国立歴史公園セント・ジョンズ(カナダ)ハッピーバレーグースベイコーナーブルックヌーボーケベックカボート(父)シェファービルラブラドル高原ラブラドル半島チャーチル川メルビル湖アンゲーバ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android