コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ローレンス湾 セントローレンスわんGulf of Saint Lawrence

世界大百科事典 第2版の解説

セントローレンスわん【セント・ローレンス湾 Gulf of Saint Lawrence】

カナダ東岸の大西洋湾入ニューファンドランド島,ノバ・スコシア半島とカナダ本土とに囲まれ,セント・ローレンス川が注ぐ。湾内にプリンス・エドワード,アンティコスティなどの大きな島があり,沿岸部には氷食地形がいたるところに見られる。12~4月の間は流氷でおおわれ,船の航行はほとんど不可能となる。1534年フランス人J.カルティエが白人では初めてこの湾に至り,探検の日が〈聖ローレンスの祭日〉にあたったため,現地名がつけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セント・ローレンス湾の関連キーワードニューファンドランド・ラブラドル州プリンスエドワードアイランド州ニューブランズウィック[州]ハイイロアザラシ(灰色海豹)ニュー・ブランズウィックマリタイム・プロビンセズニューブランズウィック州セント・ローレンス[川]プリンス・エドワード島セント・ローレンス川グロスモーン国立公園プリンスエドワード島セントローレンス川ノバ・スコシア半島グランド・バンクスアンティコスティ島シャーロットタウンセントローレンスアゴヒゲアザラシベル・アイル海峡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android