コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーシェル セーシェルSeychelles

翻訳|Seychelles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーシェル
Seychelles

正式名称 セーシェル共和国 Republic of Seychelles。
面積 452km2
人口 9万2000(2011推計)。
首都 主島マーエ島にあるビクトリア

インド洋西部,マダガスカル島北東方にある島国。セーシェル諸島に含まれるマーエ島,プラスリン島,ラディーグ島など約 40の花崗岩の島と,アミラント諸島,アルフォンズ島など約 50のサンゴ島からなり,南緯4~10°付近に散在。うち3分の1は無人島。最高点はマーエ島のモルヌセーシェロ山 (905m) 。 10~11月および3~5月は高温多湿。 12~2月に北西季節風が吹く。年平均気温 25~29℃。年降水量 2300mm。9世紀にはアラブ人に知られていたが,16世紀にポルトガル人が到来,当時はいずれも無人島であった。 1756年フランス領となり,流刑者を含むフランス人,アフリカ人奴隷,東南アジアの商人などが入植。その後 1778年に始まったフランス,イギリス間の戦争を経て,1815年パリ条約により正式にイギリス領となり,モーリシャスの属領となる。 1903年分離して単独の植民地となり,1976年イギリス連邦内で独立。経済の中心は,かつてはコプラ,シナモン,バニラ,グアノなどの輸出であったが,近年は国家収入の大部分が観光によるものである。無人島であったため固有の文化は少ない。住民はフランス人,イギリス人,アラブ人,アフリカ人,中国人,インド人などの混血が多く,約 80%がマーエ島に集中。大部分がカトリック教徒。公用語はセセルワ Seselwaと呼ばれるクレオル語 (→ピジン=クレオル語 ) と英語,フランス語で,クレオル語が広く用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セーシェル

◎正式名称−セーシェル共和国Repiblik Sesel/Republic of Seychelles。◎面積−455km2。◎人口−9万人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セーシェル【Seychelles】

正式名称=セーシェル共和国Republic of Seychelles∥République des Seychelles面積=455km2人口(1996)=7万人首都=ビクトリアVictoria(日本との時差=-5時間)主要言語=英語,フランス語,クレオール語通貨=セーシェル・ルピーSeychelles Rupeeアフリカ大陸東岸約1700km沖のインド洋上にある同名の諸島を中心に構成される共和国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

セーシェル【Seychelles】

インド洋、セーシェル諸島を領土とする共和国。1976年イギリスから独立。コプラを産する。観光も盛ん。首都ビクトリア。面積440平方キロメートル。人口8万( 2003)。正称、セーシェル共和国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーシェル
せーしぇる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セーシェルの関連キーワードジェームス・アリックス ミシェルセーシェルフランス・アルベール ルネフランス・アルベルト ルネインド洋まぐろ類委員会ジェイムズ マンチャムオオミヤシ(大実椰子)ジェームズ マンチャムイギリス領東アフリカマカリオス[3世]アルダブラ[諸島]メイ渓谷自然保護区メ渓谷自然保護区ハマダイ(浜鯛)ゾウガメ(象亀)チャゴス[諸島]英領チャゴス諸島ファークワー諸島アルダブラ諸島アルダブラ環礁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セーシェルの関連情報