コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼネコン ゼネコン

3件 の用語解説(ゼネコンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゼネ‐コン

《general contractorの略》土木・建築工事の一切を請け負う、大手の総合建設業者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゼネコン

general contractorの略で大手総合建設業者をさす。建設業は多くの工事部門から構成されるので,大規模な工事になるほど資本力,技術にすぐれる大手業者が元請として受注し,多くの専門業者が重層的に下請関係をなす傾向が強い。
→関連項目モラル・ハザード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ゼネコン

〔general contractor; contractor は(工事)請負契約者の意〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゼネコンの言及

【建設業】より


[特色]
 建設工事の種類,規模,工事場所が千差万別で,また近年,機械化,工場生産化がすすんでいるとはいえ,依然労働集約的色彩が強いため,建設業は,地場業者,専門業者をはじめとする中小零細企業の存立条件があり,業者数は約55万と膨大である。その一方,高度の技術と大資本を必要とする大工事も多数あるので,ゼネコン(ゼネラル・コントラクターの略)と呼ばれる大手総合建設業者も並存するわけであるが,〈大手5社〉(清水建設,鹿島建設,大成建設,大林組,竹中工務店)のシェアは合計でも1割に満たない。欧米にはこうした総合建設業者は少なく,特定の分野だけを対象とする業者がほとんどである。…

※「ゼネコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゼネコンの関連キーワードスーパーゼネコンgeneral corrosiongeneral geographyGeneral Headquartersgeneral jurisprudencegeneral sciencegeneral strikegeneral welfaregovernor-generalGeneral ~

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼネコンの関連情報