コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロックス ゼロックスXerox Corp.

4件 の用語解説(ゼロックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロックス
ゼロックス
Xerox Corp.

アメリカの複写機メーカー。 1906年写真感光紙メーカー,ハロイドとして設立。 58年ハロイド・ゼロックスと改称。 60年世界で初めて乾式複写機を開発して発売。 61年現社名に変更。レンタル方式の採用などで複写機業界の首位の座を占めるにいたったが,IBMの複写機分野への進出に伴い,69年デジタルコンピュータのメーカーを買収,さらに教科書会社も買収し,コンピュータ,情報,教育の分野へと経営を多角化している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゼロックス【Xerox】

ゼログラフィーの原理を用いた複写機。商標名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼロックス
ぜろっくす
Xerox Corp.

アメリカの大手事務機械メーカー。複写機(コピー機)の製造では世界最大。1906年ニューヨーク州に設立されたハロイド社Haroid Co.が前身。同社は、カールソンChester F. Carlson(1906―1968)が発明した乾式の複写法である「電子写真法」(後に「ゼログラフィー」と名づける)の特許権を取得して、1948年に「ゼロックス・モデルA型」複写機を発売した。1958年にハロイド・ゼロックスと改称され、さらに1961年に現社名となった。ゼロックスが飛躍的な発展を遂げたのは、1960年に普通紙にコピーのとれる世界初の完全自動複写機「ゼロックス914」を市場に送り出したからで、IBMを見習ったレンタル制を採用してその売上高を急速に伸ばしていった。他社製の乾式複写機との競争激化とともに、これまでのような急成長は望めないものの、複写機業界ナンバー・ワンの地位はいまだに揺らいでいない。2008年の売上高は176億0800万ドル、純利益は2億3000万ドルに上る。
 日本ではランク・ゼロックスRank Xerox Ltd.(1956年設立のイギリスにおける子会社。現、ゼロックス・リミテッド)と富士写真フイルム(現、富士フイルムホールディングス)との折半出資による富士ゼロックスが1962年(昭和37)に設立され、国内生産および輸出に携わっている。[佐藤定幸・萩原伸次郎]
 なお、2001年(平成13)に富士ゼロックスに対する富士写真フイルムの出資率が75%に引き上げられた。[編集部]
『D・カーンズ、D・ナドラー著、杉山成司訳、小林陽太郎監訳『ゼロックスの反撃――原点からの復活に賭けた巨大企業の軌跡』(1993・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゼロックスの言及

【電子写真】より

… 弁理士をしていたアメリカのカールソンChester F.Carlson(1906‐68)は,転記作業を機械により効率よくできないものかと考えて研究に取り組み,1938年,亜鉛板上に溶融塗布した硫黄層に摩擦帯電で静電荷を与え,これをリュポジューム粉(検電粉の一種)で現像して写真像を得ることに成功,今日の電子写真の基本原理を発明して特許(1940)を得た。その後,この方式はアメリカのゼロックス社によって,硫黄の代りに非晶質セレンを,摩擦帯電の代りにコロナ放電を使用するなど,工程の改善が行われ,50年にゼロックスXEROXの名で商品化された。これは間接方式で普通紙へのコピーが可能である。…

※「ゼロックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼロックスの関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼロックスの関連情報