コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロベース予算 ゼロベースよさん zero-base budgeting

翻訳|zero-base budgeting

4件 の用語解説(ゼロベース予算の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロベース予算
ゼロベースよさん
zero-base budgeting

経費を根本から見直す方法によって組まれる予算。予算編成の対象となる個別の事業ごとに,業務水準と必要経費,人員を比較検討し,優先順位を付けた上で予算を決める。経費の節減や合理化に寄与する一方で,優先順位の付け方や,事務量の大幅増加が必要になるという面で問題がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゼロベース‐よさん【ゼロベース予算】

現行の事業・新規事業の別なく、すべての予算項目について既得権を認めず、毎年ゼロを出発点として査定し予算を編成する方式。ZBB(zero-based budgeting)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ゼロベース予算

企業が予算編成を行う際、各部門における前期までの予算実績をいったん白紙に戻し、そもそもの目的と必要額、優先順位などを検討し直したうえで予算を立てること。 従来の予算編成は、前期の実績に対し一律上乗せするケースが多かった。これでは予算は膨張する一方で、いったん認められた予算額や予算項目を減らすことは難しい。ゼロベース予算は、このような上乗せ型の予算を否定するものといえる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼロベース予算
ぜろべーすよさん
zero base budgeting

現行の事業についてはほぼ自動的に予算をつけ、新規事業のみを厳しい査定の対象とするという増分主義予算編成法とは異なって、現行の事業も新規事業と同様に毎年ゼロを出発点として分析し査定して予算を編成する手法。ZBBと略称される。ZBBは、希少な資源をもっとも効率的に配分することによりマネジメントの効率性を高めることができる手法であるとして、近年、民間企業においても政府においても採用されている。
 ZBBはP・A・ピアーにより提唱された予算編成方法であり、最初はピアーの勤務していたテキサス・インスツルメンツ社の経営の合理化のために同社のスタッフ・研究部門の1970年度予算を編成するために開発されたもので、翌71年度には同社の全部門の予算編成に拡大された。この経験に基づいてピアーが『ハーバード・ビジネス・レビュー』に投稿した論文が、ジョージア州知事に就任しジョージア州の行政の合理化が必要であると考えていたJ・カーターの目にとまり、カーターはピアーの協力のもとにジョージア州の1973年度予算編成にこの手法を適用した。さらに、カーターが大統領に選出されたことにより、ZBBは連邦政府の予算編成にも導入された。
 ZBBは、デシジョン・パッケージの作成とデシジョン・パッケージのランク付けという二つの基本的ステップからなる。第一のステップでは、おのおの独立したアクティビティが現行のものも新規のものも分析対象とされる。デシジョン・パッケージは、マネジメントにあたる者が、他のアクティビティとの比較において評価しやすいような形で区分された独立したアクティビティ、機能、ないしオペレーションを示すものであり、その目的、そのアクティビティを遂行しない場合の影響、実績の尺度、代替案、費用などの情報を含まなければならない。第二のステップは、このように準備された各種機能に対するデシジョン・パッケージ間にランク付けをする作業であり、高いランクを与えられたデシジョン・パッケージから順に予算をつけていけば、限られた予算をもっとも有効に配分できる。
 ZBB導入の鍵(かぎ)は、各アクティビティについて、種々の方法を開発し、比較評価し、もっとも高い評価のアクティビティから優先的に実施する点にある。したがって、同一の機能の遂行には種々の代替的方法があるということと、同一の機能を遂行するにも種々の努力水準があるという点の認識が重要である。特定のアクティビティについて、ある一定水準の規模で行うか、まったく行わないか、というような硬直的な二者択一の選択では効率的資源配分は不可能である。最低の努力水準のデシジョン・パッケージは、多くの場合に現行水準の50%から70%に決められる。増分主義の予算編成に慣れた者には、このような規模でのデシジョン・パッケージを作成すること自体厳しい要請であるが、この最低努力水準のデシジョン・パッケージでさえも、他の機能遂行のためのデシジョン・パッケージとの比較においては、採用されるという保証はない。すなわち、すべての事業が、現行のものも含めてゼロベースから検討対象とする点にZBBの最大の特徴があり、とかく必要度が低下したにもかかわらず予算を獲得し続けて財政の硬直化や財政難の原因となっている事態に対して、打開の武器となることが期待されている。[林 正寿]
『P・A・ピアー著、中村芳夫訳『ゼロベース・マネジメント――経営効率化のための革命的手法』(1977・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼロベース予算の関連キーワード観念的ずかずか過去形PQSフォアキャスティングアサヒWゼロカクテルスター・ウォーズ/過去の亡霊定量評価品目横断的政策FISポイント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone