ソシエテ諸島(読み)ソシエテしょとう(英語表記)Îles de la Société

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソシエテ諸島
ソシエテしょとう
Îles de la Société

ソサエティ諸島ともいう。南太平洋フランス領ポリネシアの面積の 40%,人口の 86% (1988) を占める島群。主島はタヒチ島。約 15の島々から成り,デュバン諸島,スールバン諸島の2行政地区に分けられ,前者にタヒチ,モーレア,メヒティア,テティアロアなど,後者にフアヒーネ,ライアテーア,ボラボラ,タハアなどの島々が含まれる。両諸島とも火山島とサンゴ礁島から成る。 1722年にオランダ人,67年にイギリス人 S.ウォリス,68年にはフランス人の L.ブーゲンビルが来航,1843年フランスの保護領,81年には正式にフランスの植民地になった。主産物はバニラ,ココナッツ製品など。面積 1607km2。人口 16万 2573 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソシエテ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ソシエテ諸島】

Îles de la Société》南太平洋、フランス領ポリネシア西部の島群。主島はタヒチ島のほか、モーレア島テティアロア島などで構成され、火山島が多い。名は、英国ロイヤルソサエティー(王立協会)がJ=クック探検隊を派遣したことによる。1880年以来フランス領。ソサエティー諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ソシエテしょとう【ソシエテ諸島】

〔Société〕 南太平洋、ポリネシアにある火山性および珊瑚礁さんごしようの島々。主島はタヒチ島。コプラ・硫黄・砂糖などを産出。フランス領。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソシエテ諸島
そしえてしょとう
les de la Socit

南太平洋、フランス領ポリネシア西部の諸島。英語名ソサイエティ諸島Society Islands。バン諸島les du Vent(英語名ウィンドワードWindward、風上)とスー・ル・バン諸島les Sous le Vent(英語名リーワードLeeward、風下)の2群に分かれる。前者に主島タヒチとモーレア、メヘティアMehetia、テティアロアTetiaroa、マイアオMaiao(ツブアイ・マヌTubuai Manu)の5島、後者にフアヒネ、ライアテア、ボラ・ボラ、マウピティMaupiti、タハーTahaa、ツパイTupai、モペーリヤMopella、マヌアエManuae、モツ・オネMotu Oneの9島が属する。このうちツパイ以下4島は環礁であるが、他はいずれも火山島である。なお、地理的にはツアモツ諸島に属すべきマカテアMakatea島が、行政的にはソシエテ諸島に組み込まれてバン諸島6島と数えられることもある。人口18万9236(1996)。バン諸島に16万2398(1996)、スー・ル・バン諸島に2万6838(1996)と分布している。名称は、1769年にイギリスの王立協会(ロイヤル・ソサイエティー)がクック探検隊をこの地に派遣したことにちなむが、1880年以来フランス領となっている。コプラ、サトウキビ、バニラのほか、真珠貝の産で知られる。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ソシエテ‐しょとう ‥ショタウ【ソシエテ諸島】

(ソシエテはSociété) 南太平洋、ポリネシア西部の諸島。タヒチ島などの火山性および珊瑚礁の島々から成る。フランス領。住民はポリネシア人のほか中国人、フランス人も多い。硫黄コプラ、サトウキビなどを産出。主都はタヒチ島のパペーテ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android