ソシエテ諸島(読み)そしえてしょとう(英語表記)Îles de la Société

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソシエテ諸島」の解説

ソシエテ諸島
そしえてしょとう
Îles de la Société

南太平洋フランス領ポリネシア西部の諸島。英語名ソサイエティ諸島Society Islands。バン諸島Îles du Vent(英語名ウィンドワードWindward、風上)とスー・ル・バン諸島Îles Sous le Vent(英語名リーワードLeeward、風下)の2群に分かれる。前者に主島タヒチとモーレア、メヘティアMehetia、テティアロアTetiaroa、マイアオMaiao(ツブアイ・マヌTubuai Manu)の5島、後者にフアヒネ、ライアテア、ボラ・ボラ、マウピティMaupiti、タハーTahaa、ツパイTupai、モペーリヤMopella、マヌアエManuae、モツ・オネMotu Oneの9島が属する。このうちツパイ以下4島は環礁であるが、他はいずれも火山島である。なお、地理的にはツアモツ諸島に属すべきマカテアMakatea島が、行政的にはソシエテ諸島に組み込まれてバン諸島6島と数えられることもある。人口18万9236(1996)。バン諸島に16万2398(1996)、スー・ル・バン諸島に2万6838(1996)と分布している。名称は、1769年にイギリスの王立協会(ロイヤル・ソサイエティー)がクック探検隊をこの地に派遣したことにちなむが、1880年以来フランス領となっている。コプラサトウキビ、バニラのほか、真珠貝の産で知られる。

[大島襄二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソシエテ諸島」の解説

ソシエテ諸島
ソシエテしょとう
Îles de la Société

ソサエティ諸島ともいう。南太平洋,フランス領ポリネシアの面積の 40%,人口の 86% (1988) を占める島群。主島はタヒチ島。約 15の島々から成り,デュバン諸島,スールバン諸島の2行政地区に分けられ,前者にタヒチ,モーレア,メヒティア,テティアロアなど,後者にフアヒーネ,ライアテーア,ボラボラ,タハアなどの島々が含まれる。両諸島とも火山島とサンゴ礁島から成る。 1722年にオランダ人,67年にイギリス人 S.ウォリス,68年にはフランス人の L.ブーゲンビルが来航,1843年フランスの保護領,81年には正式にフランスの植民地になった。主産物はバニラ,ココナッツ製品など。面積 1607km2。人口 16万 2573 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ソシエテ諸島」の解説

ソシエテ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ソシエテ諸島】

Îles de la Société》南太平洋、フランス領ポリネシア西部の島群。主島はタヒチ島のほか、モーレア島テティアロア島などで構成され、火山島が多い。名は、英国ロイヤルソサエティー(王立協会)がJ=クック探検隊を派遣したことによる。1880年以来フランス領。ソサエティー諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ソシエテ諸島」の解説

ソシエテ‐しょとう ‥ショタウ【ソシエテ諸島】

(ソシエテはSociété) 南太平洋、ポリネシア西部の諸島。タヒチ島などの火山性および珊瑚礁の島々から成る。フランス領。住民はポリネシア人のほか中国人、フランス人も多い。硫黄、コプラ、サトウキビなどを産出。主都はタヒチ島のパペーテ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android