コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエト映画 ソビエトえいが

世界大百科事典 第2版の解説

ソビエトえいが【ソビエト映画】

映画史的にいえば,帝政時代からケレンスキーの臨時政府治下にかけての映画は〈ロシア映画〉であり,十月革命以後の映画が〈ソビエト(ソ連)映画〉である。1894年,モスクワ大学の2人の物理学教授の発明した機械による映画が学会で公開されたという説もあるが,ロシアと映画のかかわりは,96年5月,フランスのルイ・リュミエールの派遣したカメラマンがモスクワで皇帝ニコライ2世の戴冠式を撮影したのが始まりで,同じ月にロシア最初の映画館がペテルブルグに建てられ,イギリス,アメリカ,フランスの映画会社が支社を設置して映画市場を支配し,映画製作が始まったのは1907年になってからとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソビエト映画の関連キーワードニコライ ブルリャーエフラテン・アメリカ映画エイゼンシュテインモスクワ国際映画祭プロレタリア映画戦艦ポチョムキンイントレランスフールマノフモスフィルムイワン雷帝無声映画袋 一平

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソビエト映画の関連情報