コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルノク Szolnok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルノク
Szolnok

ハンガリー中東部の都市。ティサ川沿いに位置する。9~12世紀には,マラムレシュ地方 (現ルーマニア北西部) で産する岩塩の集散地として知られた。ハンガリー平野の農業の一中心で近年は近代的工場も建設されている。ブダペストからウクライナ,ルーマニアにいたる鉄道がティサ川東岸で分岐する。人口7万 8661 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソルノク
そるのく
Szolnok

ハンガリー中部、ソルノク県の県都。首都ブダペスト東南東約80キロメートルの、チサ川河岸に発展した町。人口7万7631(2001)。交通の要衝で、周辺農業地域の交易の中心地。食品・皮革加工に加えて、第二次世界大戦後、チサ川にダムが建設され、新鋭の製紙(セルロース)、化学(肥料)工業が勃興(ぼっこう)した。市内には、地下1000メートルから湧出(ゆうしゅつ)するラジウム・アルカリ泉があり、療治などに利用されている。また、多くの芸術家が住んでおり、芸術の町としても知られる。[古藤田一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android