コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイショウエビ(大正蝦) タイショウエビ Penaeus chinensis

1件 の用語解説(タイショウエビ(大正蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タイショウエビ【タイショウエビ(大正蝦) Penaeus chinensis】

水産業上とくに重要な甲殻綱クルマエビ科のエビで,体長27cmに達する大型種。標準和名コウライエビ(高麗蝦)(イラスト)。中国の渤海湾と黄海の特産種で,日本の市場に出されるものはもっぱら黄海でトロールで漁獲されたものであるが,世界各地から輸入されるクルマエビ類のうち,特別の斑紋をもたないものはすべて〈大正エビ〉の商品名で取り扱われているので注意を要する。淡灰色で,尾扇が朱褐色,その先端が黒褐色。3月には沖合から沿岸域を目ざして回遊を始め,4月には山東半島沿岸に達し,5月には産卵場である渤海湾奥部に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイショウエビ(大正蝦)の関連キーワードイセエビクマエビクルマエビシバエビ虎海老沼海老赤蝦車蝦藻蝦メキシコエビ