トロール網(読み)トロールアミ

百科事典マイペディアの解説

トロール網【トロールあみ】

底引網の一種。漁業法に規定されたトロール漁業に使用される網。オッタートロールとビームトロールとがあるが,後者は現在日本では営業的には使用されない。前者はオッターボードと呼ぶ網口開口用の2枚の板を備えた底引網で,1隻の機船でひき回し底生魚族を漁獲する。両翼網・天井網・背網・袋網からなる上網,両翼網・腹網・袋網からなる下網の2枚を縫い合わせて構成。日本ではこのほか側網を加えた4〜6枚構成の袋網を多く使用。
→関連項目網漁具底引網漁業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トロール‐あみ【トロール網】

〘名〙 遠洋漁業に用いる底引網の一種。長さ二五メートルぐらいの三角形の袋網と口の両翼の長い袖網からなる。動力船一隻に引かれ、引網のオッターボードまたはビームによって網口を広げながら海底の魚類を捕える。打た瀬網。
※東京大正博覧会出品之精華(1914)〈古林亀治郎〉五「トロール網用麻糸〈略〉内外麻苧各種の商店として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android