コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイニン Tay Ninh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイニン
Tay Ninh

ベトナム南部,タイニン省中部の都市。ホーチミン市の北西約 80km,バムコドン川の左岸にある。農業地帯の商業中心地で,ゴム,米,サトウキビココナッツ,木材などを集散する。 1926年に創始された新興宗教カオダイ教の信仰中心地で,市内にはその本部がある。ホーチミン市からカンボジアへ通じる道路が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タイ‐ニン(Tay Ninh)

ベトナム南部、タイニン省の都市。同省の省都ホーチミンの北西約90キロメートルに位置し、カンボジアとの国境に近い。新興宗教カオダイ教の本拠地であり、総本山カオダイ教寺院のほか、北東郊にはバーデン山がある。また、ベトナム戦争中に解放戦線の本拠地が置かれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

タイニン【Tay Ninh】

ベトナム南部の都市。タイニン省の省都。人口約3万。ホー・チ・ミン(旧,サイゴン)市の北西約94km,カンボジア国境に近い。付近はゴム園が多いが,ベトナム戦争の被害を大きく受けた。新興宗教カオダイ(高台)教の本山のある市として有名。東西のいくつもの宗教を混合したもので,〈天眼〉をもって神の象徴とし,主として南部ベトナムを中心に多くの信者を集めている。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイニン
たいにん
Tayninh

ベトナム南部、タイニン省(人口96万5000。1999)の省都。ホー・チ・ミン市の北西90キロメートル、バム・コ・ドン川左岸に位置する。人口3万2881(1989)。国道22号線が通じる。1920年に誕生した新興宗教カオダイ教の本拠地で、「眼(め)」を御神体とした壮麗な建物がある。また近くのヌイバーデン山の頂上にバラモン教の寺がある。周辺はゴム園が多い。カンボジアに近いため19世紀後半以後反仏運動の拠点となり、またベトナム戦争中も解放戦線の力の強い地域であった。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タイニンの関連キーワードソレアイト玄武岩

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイニンの関連情報