タチツボスミレ

百科事典マイペディアの解説

タチツボスミレ

スミレ科の多年草。日本全土,東アジアの平地,丘陵,山地に普通にはえ,環境による変化が大きい。茎は初めは短いが,後にはのびて20cm前後になる。葉はハート形,托葉は披針形で縁はくしの歯状に裂ける。4〜5月,淡紫色の花を開く。花が終わって後,葉腋に閉鎖花が多数つき結実する。近縁のニオイタチツボスミレはこれに似るが,花は紅紫色でかおりがあり,北海道南部〜九州に産する。
→関連項目スミレ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチツボスミレ
たちつぼすみれ / 立坪菫
[学]Viola grypoceras A. Gray

スミレ科の多年草。根茎は堅く、密に節がある。地上茎は花期には数センチメートルしかないものが多いが、のちには斜め上に伸び、30センチメートルほどになるものもある。葉は心臓形で縁(へり)に低い鋸歯(きょし)がある。果実期の茎葉はやや先が細長い。葉柄があり、基部に細くて深裂する一対の托葉(たくよう)がある。4~5月、径約2.5センチメートルの淡紫色の花を開く。側弁内は無毛。唇弁の距(きょ)は長さ6~8ミリメートル。日本各地の林縁や明るい林下に生え、形態や花色に変異が多い。中部地方以西の本州の山地には、葉の長さと幅が約1センチメートルの変種コタチツボスミレが分布する。[橋本 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタチツボスミレの言及

【スミレ】より

…東アジア温帯の湿地に分布し,日本では本州太平洋側の河川のはんらん原でヨシ原の中などにまれに見られる。 地上茎が発達し,めしべの花柱の先がほとんど,あるいはまったく膨らまないものには,日本産のスミレのなかでもっとも普通種のタチツボスミレV.grypoceras A.Gray(イラスト)がある。地下茎や根は硬く,地上茎は斜上するが,花期にはそれほど伸びていない。…

※「タチツボスミレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タチツボスミレの関連情報