コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマシダ(玉羊歯) タマシダNephrolepis auriculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマシダ(玉羊歯)
タマシダ
Nephrolepis auriculata

シノブ科の常緑性シダ植物で,旧大陸の暖帯から熱帯に広く分布する。日本では海岸近くの日当りのよい地上や岩上に多いが,南方ではかなり山奥にもみられ,樹上に着生することもある。匍匐枝の先端に芽を生じ群生する。単羽状複葉の葉が叢生する。葉は長さ 50~60cmぐらい。胞子嚢群羽片の縁寄りにつき,包膜は腎臓形。日本には近縁種として,ヤンバルタマシダがあり,その他新大陸産のセイヨウタマシダの多数の園芸品種が観賞用として栽培されている。代表的なものにボストンタマシダがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タマシダ(玉羊歯)の関連キーワードシノブ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android