コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマシダ

百科事典マイペディアの解説

タマシダ

ツルシダ科の常緑シダ。本州南端〜沖縄に分布し,海岸の崖など,やや乾いた日当りのよい所に群生する。細い茎から狭い羽状の複葉が集まって出,長さ30〜100cm。地下に直径1〜2cmの球形物ができる(タマシダの名はこれによる)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タマシダ【Nephrolepis auriculata (L.) Trimen】

園芸に用いられる代表的なシダ(イラスト)。日当りのよい海岸地帯や山地林縁に群生するツルシダ科の多年草。常緑性。根茎は短く直立し,針金状の匍匐(ほふく)枝を出し,それに球状塊茎をつける。ここからタマシダの名がつけられた。また匍匐枝から芽を出して栄養繁殖するので,群生する。葉は若い時は薄い灰褐色の鱗片でおおわれるが,のちに落ち,叢生(そうせい)し,葉柄基部は枯れ残る。長さ50cmほどに達し,草緑色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマシダ
たましだ / 玉羊歯
ladder ferntuber sword fern
[学]Nephrolepis cordifolia Presl.

シノブ科の常緑性シダ。直立する短い根茎から1回羽状の細長い葉を束生し、羽片は先が丸く、櫛(くし)の歯状に並んでいる。よく育った葉身は1メートル以上になる。地上生または着生で、無性芽をつける匍匐(ほふく)枝を伸ばす。この枝は針金状で堅く、ところどころに鱗片(りんぺん)に覆われた球形の塊茎をつける。「玉羊歯」の名はこれに由来する。この塊茎は一種の貯水器官である。岩壁や明るい林床など、やや乾燥した環境を好み、大群落を形成することもある。アフリカなどの熱帯を中心とした広い範囲に分布し、日本では静岡県以南の海岸沿いの暖地に生育している。寒さに弱い点を除けば、栽植しやすく繁殖力も強い。切り葉としてネフロレピスの名で生花市場に出荷されている。セッカタマシダN. cordifolia cv. “Duffii”はタマシダの品種の一つである。近縁種にヤンバルタマシダN. exaltataがあり、小笠原(おがさわら)諸島や沖縄諸島などに分布している。中国ではヤンバルタマシダを感冒や乳房痛、産後の浮腫(ふしゅ)などに薬用し、フィリピンでは煎汁(せんじゅう)を咳(せき)止めとして使う。なお、園芸店でよくみかけるボストンファーン(ボストンタマシダ)やフサフサシダ、ピアソンタマシダなどは、ヤンバルタマシダからつくられた園芸品種である。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タマシダの関連キーワードタマシダ(玉羊歯)ボストンタマシダボストンファーンネフロレピス観葉植物シダ植物室戸岬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android