コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タングステンブロンズ tungsten bronze

世界大百科事典 第2版の解説

タングステンブロンズ【tungsten bronze】

一般式MIxWO3。タングステン酸化物にアルカリ金属その他の金属原子が非化学量論比で侵入した,いわゆる不定比化合物の一つで,外見が金属に似たブロンズ様光沢があり,弱い常磁性を示し,しかも電導性があるので,このように呼ばれる。MI=Na,Kなどが代表的なもので,そのほかCu,Agなど多くのものが知られている。NaxWO3(x<1)は,Na2WO4,W,WO3をよく混合して真空中もしくは不活性気体中で強熱するか(950℃),WO3とNa2CO3混合物を融解して電解するなどして得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タングステンブロンズの関連キーワードエレクトロクロミックタングステン合金不定比化合物化合物強熱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android