コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンジール事件 タンジールじけん Tangier Incident

3件 の用語解説(タンジール事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンジール事件
タンジールじけん
Tangier Incident

第1次モロッコ事件ともいう。 1905年3月ドイツ皇帝ウィルヘルム2世タンジール港を軍艦で訪問,フランスの T.デルカッセ外相がこの威圧行動を承服せず,結局辞任を強いられた事件。 04年フランスは英仏協商によりモロッコの権益を承認されたが,ドイツはこれに反対し,ウィルヘルム2世のタンジール上陸となったもので,モロッコ王国の独立と門戸開放を要求した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タンジール事件【タンジールじけん】

モロッコ事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンジール事件
たんじーるじけん

第一次モロッコ事件ともいう。モロッコは列強によるアフリカ分割が進むなかで、1880年マドリード条約で独立が認められていたが、1904年に成立したイギリス・フランス協商でフランスの勢力圏と認められた。ドイツはこれに異議を唱え、05年3月、ヨット旅行中のウィルヘルム1世がモロッコの港タンジールを訪問、フランスのモロッコ保護国化を否認したので、独仏関係は険悪になった。これをドイツのイギリス・フランス協商への攻撃とみなしたイギリスはフランスを支持、翌年この問題を討議するためアルヘシラス開かれた国際会議でドイツは孤立した。[木谷 勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタンジール事件の言及

【モロッコ事件】より

…一方,スペインはセウタ,メリリャなどの都市を中心に植民地支配をしていた。04年英仏協商の成立でフランスがイギリスから優先権を得てモロッコ進出を強化したのに対し,遅れて植民地獲得へ乗り出したドイツは日露戦争後の露仏同盟の弱体化を契機にモロッコの領土保全,門戸開放を主張し,列強会議の開催を求めて皇帝ウィルヘルム2世みずからタンジール港を訪問したためフランス,ドイツの関係が緊張した(1905年タンジール事件,第1次モロッコ事件)。その収拾のため06年1~4月スペインのアルヘシラスで国際会議(アルヘシラス会議)が開催された。…

※「タンジール事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンジール事件の関連キーワードアルヘシラス会議モロッコモロッコ事件モロッコ革タトワンモロッカンアガディールモロッコ水晶の謎モロッコへの道アガディール事件

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone