英仏協商(読み)えいふつきょうしょう(英語表記)Anglo-French Entente; Entente Cordiale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英仏協商
えいふつきょうしょう
Anglo-French Entente; Entente Cordiale

1904年4月8日,イギリスフランスとの間に結ばれた協約両国の外交関係は多年にわたり世界各地で対立してきたが,ドイツの帝国主義的進出の前に共通の利害をもつようになり,日露戦争の勃発を機会に,両国の勢力範囲の調整をはかるため,この協約を結んだ。おもな内容は,(1) エジプトでのイギリス,モロッコでのフランスの優越権を相互に承認,(2) フランスのニューファンドランド漁業権の放棄,(3) シャム (タイ) の勢力範囲の確定,(4) スエズ運河ジブラルタル海峡の自由通航の確認,など。この条約締結後,英露協商が結ばれ,露仏同盟と合せて三国協商となって,ドイツを中心とする三国同盟と対抗することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいふつ‐きょうしょう〔‐ケフシヤウ〕【英仏協商】

1904年、イギリス・フランス間に結ばれた協定。イギリスがエジプトに、フランスがモロッコに支配権をもつことを相互に確認。ドイツに対抗する国際協商体制の契機となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英仏協商【えいふつきょうしょう】

1904年英仏間に結ばれた協約。両国の植民地支配(特に北アフリカ,シャム(タイ)など)から生まれた衝突を妥協させ,のちの英露協商とともにドイツを孤立させるねらいをもっていた。やがて三国協商に発展し,ドイツを中心とする三国同盟に対抗して,第1次大戦の遠因となった。
→関連項目協商デルカッセバルフォアモロッコ露仏同盟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えいふつきょうしょう【英仏協商】

1904年イギリス・フランス両国間に結ばれた協定。ドイツに対抗、これを包囲するため、エジプト・モロッコにおける相互の優越権を認めた。 → 三国協商

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の英仏協商の言及

【三国協商】より

…1891‐94年にかけて成立した露仏同盟,1904年の英仏協商,07年の英露協商により生じたイギリス,ロシア,フランス3国間の友好関係の総称。三国協商についての特定の規約はない。…

【第1次世界大戦】より

…とりわけ,90年のビスマルクの失脚以後,皇帝ウィルヘルム2世の親政時代に入って世界政策を積極化したドイツの膨張が列強に重大な脅威となった。このためイギリスはむしろドイツとの同盟の締結を期待し,98年,99年,1901年の3回にわたり交渉したが,ドイツ側がもっと有利な条件で締結できるときを待つという態度をとったために英独同盟は成立せず,そこでイギリスはフランスへの接近に政策を転換し,04年4月8日に英仏協商を締結した。ついで05年の日露戦争終結とともにこれまでの英露対立も解消すると,イギリスは07年8月31日に英露協商を締結することができた。…

※「英仏協商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android