コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タール湖 タールこLake Taal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タール湖
タールこ
Lake Taal

フィリピンルソン島南西部にあるカルデラ湖マニラ南方 70kmに位置する。東西約 19km,南北約 25km。標高 600m前後の外輪山に囲まれるが,南西岸からパンシピット川がバラヤン湾に流出しているため,湖面標高は 3m以下。ほぼ中央に標高 300mの火口丘タール火山がある。タール火山は頻繁に噴火し,1911年の噴火では約 1300人の死者を出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タール‐こ【タール湖】

Taal Lake》フィリピン、ルソン島中南部にあるカルデラ湖。首都マニラの南約70キロメートルに位置する。南北約30キロメートル、東西20キロメートル。カルデラ湖をもつタール山(標高311メートル)が浮かび、二重カルデラとなっている。20世紀に2度の噴火を生じ大きな被害が出た。北岸に避暑地として知られるタガイタイがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タール湖
たーるこ
Lake Taal

フィリピン北部、ルソン島南西部にあるカルデラ湖。南北27キロメートル、東西20キロメートル、面積244平方キロメートル。最深点は177メートルに達するが、湖面は標高2.1メートルにすぎない。湖の中央にタール火山(311メートル)が島をなしている。タール火山はしばしば噴火を繰り返し、湖の形にも変化を与えている。南西隅からパンシピット川が流出しバラヤン湾に注ぐ。北西岸近くのタガイタイ峰からの展望がよく、マニラ近郊の観光地として開発が進んでいる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タール湖の関連キーワードウミヘビ(爬虫綱)タール[山]サルサール湖バタンガス州ポカラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android