コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイゼンホーファー ダイゼンホーファー Deisenhofer, Johann

2件 の用語解説(ダイゼンホーファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイゼンホーファー
ダイゼンホーファー
Deisenhofer, Johann

[生]1943.9.30. ツーザームアルトハイム
ドイツ生化学者。 1974年にマックス・プランク研究所生化学研究所で博士号を取得。 87年アメリカテキサス州ハワードヒューズ研究所に移る。 H.ミヒェル,R.フーバーとともに光合成細菌光合成反応中心の立体構造を解明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイゼンホーファー
だいぜんほーふぁー
Johann Deisenhofer
(1943― )

ドイツの化学者。バイエルン州ツザムアルトハイムに生まれる。ミュンヘン工科大学で物理学および生物物理学を学び、1971年マックス・プランク研究所(1972年にマックス・プランク生化学研究所に改称)の大学院生となり、1974年同研究所で博士号を取得した。その後1987年まで同研究所の研究員として勤務したが、1988年に渡米、テキサス大学サウスウェスタン医学センターの生化学教授およびハワード・ヒューズ医学研究所の研究員となった。
 ダイゼンホーファーは、マックス・プランク研究所でフーバーのもと、トリプシン抑制物質などタンパク質の結晶学的研究を行っていた。やがてフーバーと共同で、タンパク質の結晶構造研究を進めるようになり、コンピュータを利用した結晶学研究に習熟した。1982年に同じ研究所のミヘルが光合成細菌から光合成反応中心物質の結晶化に成功すると、ダイゼンホーファーはその物質の分子の三次元構造の解明に取り組み、成功を収めた。なお、この研究には日本からの留学研究者三木邦夫(1952― )も参加している。この業績により、1988年にダイゼンホーファーは、フーバー、ミヘルとともにノーベル化学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイゼンホーファーの関連キーワードイオンレーザーCO2レーザー化学レーザーニザームアルムルクレーザービームライトユーザーモンスターファームアドバンス2アイム・ア・ルーザーソフトクリームフリーザーレーザー・ビームアニール

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone