コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイモンジソウ(大文字草) ダイモンジソウSaxifraga fortunei var. incisolobata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイモンジソウ(大文字草)
ダイモンジソウ
Saxifraga fortunei var. incisolobata

ユキノシタ科の多年草で,アジア東部に広い分布をもち,日本各地の山地の湿った岩壁などに生える。葉は根生し,長い柄があり腎臓形または円形で,掌状に浅く裂ける。茎,葉ともほとんど無毛のものから長い毛をまばらに生じるものまでさまざまである。夏から秋にかけて,高さ 10~30cmの花茎を出し,上部にまばらな円錐花序をつけて白色の5弁花を開く。5枚の花弁のうち上部の3枚は特に小さく,下の2枚は細長い披針形で垂れ下がり,全体として「大」の字に似ていることからこの名がつけられた。地域的に変異が多く,カエデダイモンジソウ,ケダイモンジソウ,ウチワダイモンジソウなどの変種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android