コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイモンジソウ

2件 の用語解説(ダイモンジソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダイモンジソウ

ユキノシタ科の多年草北海道〜九州,東アジアに分布し,低地〜高山の湿ったところにはえる。葉は根生し,腎円形で掌状に浅く裂ける。夏〜秋,高さ20〜30cmの花茎を出し,多数の白色花を横向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイモンジソウ
だいもんじそう / 大文字草
[学]Saxifraga fortunei Hook. f. var. incisolobata (Engl. et Irmsch.) Nakai

ユキノシタ科の多年草。山地渓谷沿いの岩上や滝の近くの岩壁などの湿った場所に生える。根茎は短く、葉は根生して長い柄をもち、葉身は腎(じん)状円心形、縁(へり)は5から多数に浅裂し、表面は緑色、裏面は淡緑色、葉肉中には金平糖(こんぺいとう)状の結晶がある。7~11月、高さ5~40センチメートルの花茎を出し、集散状に多数の白い左右相称花をつける。5個の花弁のうち、下側の2個は大きく垂れ下がり不同、上側の3個の花弁は下側の花弁よりも小さく、披針(ひしん)形または長楕円(ちょうだえん)形。名は、この花の形に由来する。雄しべは10本、葯(やく)は橙(だいだい)色または暗褐色。子房は上位で、2枚の心皮からなり、下半部は環状に隆起した黄色の花盤に取り巻かれる。南千島、樺太(からふと)(サハリン)から日本全土、朝鮮半島、中国に分布が及ぶ。低地から高山まで生育範囲がきわめて広いため、変異が多く、いくつかの変種が知られている。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイモンジソウの言及

【ユキノシタ】より

…このうちユキノシタのように左右相称形の花をもつ種は,日本や中国など東アジアに限られ,14種が知られる。日本にはユキノシタのほかに,ハルユキノシタS.nipponica Makino,ジンジソウS.cortusaefolia Sieb.et Zucc.(イラスト),ダイモンジソウS.fortunei Hook.f.var.incisolobata (Engl.et Irmsch.) Nakai(イラスト),センダイソウS.sendaica Maxim.,エチゼンダイモンジソウS.acerifolia Wakabayashi et Satomiなど6種がそのような花の形をもつ。ジンジソウやダイモンジソウの名も,その花の形を〈人〉文字や〈大〉文字にみたてたのである。…

※「ダイモンジソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイモンジソウの関連キーワード嵐草泡盛升麻銀梅草色丹草鳥足升麻草紫陽花白髭草乳茸刺ベルゲニアオニユリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイモンジソウの関連情報