ダイレクトマーケティング(読み)だいれくとまーけてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダイレクトマーケティング

ダイレクトメールや通販カタログ、インターネットなどを活用して、従来に比べ、より直接的な形で消費者情報や購買動向を把握し、販促・広告活動を展開する手法。消費者ニーズの多様化、細分化を背景に、ダイレクトマーケティングの重要性が高まっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダイレクト‐マーケティング(direct marketing)

カタログ・ダイレクトメール・雑誌・テレビ・電話など各種のメディアを通じて、消費者に直接商品情報を提供する販売促進方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android