コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマル ダマル damaru

4件 の用語解説(ダマルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマル
ダマル
damaru

インド,チベットの小さな振り鼓 (でんでん太鼓) の類の膜鳴楽器。古代のサンスクリット文学や彫刻にシバ神の楽器として現れる。インドのは鼓形の胴の両面に皮が張られ,胴につけた紐の先に小さな金属性の玉がつけられており,太鼓を振ると,その玉が両面に当って音が出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダマル(ḍamaru)

インドおよびチベットの振鼓(ふりつづみ)。砂時計形の胴をもつ両面太鼓で、胴にひもを巻いてその先を垂らし、振ることによってひもの端の小球が膜面を打つ。→振鼓
インド北部のカシミールパキスタン東北部の旧フンザ王国などの片面鍋(なべ)形太鼓。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ダマル【ḍamaru[ヒンデイー]】

インド古来の打楽器腰鼓の一種。インド神話によれば,シバ神は,宇宙創造の舞踊(ターンダバ)において,ムリダンガとともに,より小型で砂時計状の形をしたダマルを使用した。古典サンスクリット文学では,どくろを首からつるしたシバ教の一派の楽器とされる。中央のくびれた胴は木,陶器,青銅などで作られており,両面の革は締紐によって双方に結びつけられる。12世紀ころのマルカンダ出土の彫像では,左手は締紐の上から胴をつかみ,右手の指が革の表面に触れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダマル
だまる
amaru

インドおよびチベットの砂時計型両面太鼓。胴のくびれた部分に金属やコルクの玉のついた紐(ひも)を巻き、太鼓を左右に振って膜面に玉を当てて音を出す。大きさは8~30センチメートル、紐の両端に玉のついたものや片方だけのもの、布製の持つ部分があるものやないものなどさまざまである。胴は木、陶、青銅などでつくられ、チベットでは人間の頭蓋骨(ずがいこつ)を2個背中合わせにつけたものもある。インド神話のシバ神の持ち物とされ、本来は宗教儀式や呪術(じゅじゅつ)などに用いられたが、今日ではおもに大道芸人の用具となっている。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダマルの関連キーワードインド綿タムタムバヤ腰鼓ウインド細腰鼓四の鼓二の鼓カルナータカ音楽東インド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダマルの関連情報