コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマル damaru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマル
damaru

インド,チベットの小さな振り鼓 (でんでん太鼓) の類の膜鳴楽器。古代のサンスクリット文学や彫刻にシバ神の楽器として現れる。インドのは鼓形の両面に皮が張られ,胴につけたの先に小さな金属性の玉がつけられており,太鼓を振ると,その玉が両面に当って音が出る。両面の皮を紐で締めているので,その紐を締めたり,ゆるめたりすることによりピッチを変えることができる。宗教的な民俗音楽に多く用いられる。チベットのダマルは碗形の胴を背中合せにつけた形のもの。2つの頭骸骨でも作る。ラマ教誦経に用いる。モンゴルにもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダマル(ḍamaru)

インドおよびチベットの振鼓(ふりつづみ)。砂時計形の胴をもつ両面太鼓で、胴にひもを巻いてその先を垂らし、振ることによってひもの端の小球が膜面を打つ。→振鼓
インド北部のカシミールやパキスタン東北部の旧フンザ王国などの片面鍋(なべ)形太鼓。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ダマル【ḍamaru[ヒンデイー]】

インド古来の打楽器。腰鼓の一種。インド神話によれば,シバ神は,宇宙創造の舞踊(ターンダバ)において,ムリダンガとともに,より小型で砂時計状の形をしたダマルを使用した。古典サンスクリット文学では,どくろを首からつるしたシバ教の一派の楽器とされる。中央のくびれた胴は木,陶器,青銅などで作られており,両面の革は締紐によって双方に結びつけられる。12世紀ころのマルカンダ出土の彫像では,左手は締紐の上から胴をつかみ,右手の指が革の表面に触れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダマル
だまる
amaru

インドおよびチベットの砂時計型両面太鼓。胴のくびれた部分に金属やコルクの玉のついた紐(ひも)を巻き、太鼓を左右に振って膜面に玉を当てて音を出す。大きさは8~30センチメートル、紐の両端に玉のついたものや片方だけのもの、布製の持つ部分があるものやないものなどさまざまである。胴は木、陶、青銅などでつくられ、チベットでは人間の頭蓋骨(ずがいこつ)を2個背中合わせにつけたものもある。インド神話のシバ神の持ち物とされ、本来は宗教儀式や呪術(じゅじゅつ)などに用いられたが、今日ではおもに大道芸人の用具となっている。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダマルの関連キーワードシャルリエブド事件インドネシア舞踊東南アジア芸能チベット音楽バンダマ川モロタイ島ボルネオ島バチャン島仏教音楽ダマールセラム島バン湖バン

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android