コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダランベールのパラドックス ダランベールのパラドックスd'Alembert's paradox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダランベールのパラドックス
d'Alembert's paradox

静止している完全流体の中を,一定の速度で運動する物体には抵抗が働かないという定理。これは,1744年に J.ダランベールによって見出された定理であって,それ自体パラドックスの要素を含まない。これが俗にパラドックスと呼ばれるのは,現実に運動する物体には抵抗が働くという経験事実と,この定理が矛盾するためである。しかし,この矛盾は,実在の流体には粘性があり,粘性がいかに小さくても,その影響は境界層伴流という形で現れ,物体のまわりの流れが全面的には完全流体の渦なし流にはならないということによって説明される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

ダランベールのパラドックス【d'Alembert's paradox】

非圧縮性で非粘性の流体中に完全に浸った状態で運動する物体には,力が作用しない.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダランベールのパラドックス【d’Alembert’s paradox】

静止した完全流体(粘性のない流体)の中を一定の速度で進行する物体に働く抵抗が0になるという逆理。J.L.R.ダランベールが1744年,理論的に見いだしたもので,実在の流体では一般に抵抗が働くという常識に反する。粘性がどんなに小さい流体中でも,物体表面には境界層が存在し,これがはがれると前後の圧力差が生じて大きな抵抗を生ずる。ただし,流線形の物体のように境界層のはがれがない場合には,わずかな粘性抵抗しか働かないので,ダランベールのパラドックスに近い現象が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダランベールのパラドックス

静止した完全流体の中を等速直線運動する物体には抵抗力が働かないという逆理。日常の経験と反するのでパラドックスと呼ばれる。実在の流体には必ず粘性があり、抵抗が現れる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のダランベールのパラドックスの言及

【完全流体】より

…また外力が働いていてもそれが非回転力(保存力)ならば,密度が一定あるいは圧力だけによるという条件の下に渦の不生不滅性が保証されるので,数学的に美しい簡単な理論が構成できる。ただし静止している完全流体中を等速度で運動する物体の抵抗が0になるというダランベールのパラドックスが生ずるが,流線形の物体については境界層(境界層が剝離して渦が発生する場合はさらにそれによる後圧の降下)を考慮することによって抵抗の存在を説明できる。粘性【橋本 英典】。…

※「ダランベールのパラドックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダランベールのパラドックスの関連キーワード流体力学抵抗力

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android