コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウィンフィンチ Darwin's finch

世界大百科事典 第2版の解説

ダーウィンフィンチ【Darwin’s finch】

スズメ目ホオジロ科のうちガラパゴス諸島およびその北方にあるココス島特産の数属の鳥の総称全長9~14cm。スズメ大のものが多い。羽色はいずれも灰褐色やくすんだ黒っぽい目だたない色をしている。14種が知られている。C.ダーウィンがビーグル号で世界周航の旅のおり,ガラパゴス諸島を訪れて発見したもので,種の可変性を説く彼の進化論の重要なよりどころとなった。これらの一連の鳥たちは形態・行動習性などにかなりの種間差が見当たるにもかかわらず,相互の類縁関係は明らかであり,とくに食物の違いによって変化しやすいくちばしの大きさや形に顕著な違いができている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダーウィンフィンチ
だーうぃんふぃんち
Darwin's finch

鳥綱スズメ目ホオジロ科に属するダーウィンフィンチ属Camarhynchus6種、ガラパゴスフィンチ属Geospiza6種、ムシクイフィンチ属Certhidea1種、ココスフィンチ属Pinaroloxias1種、計14種の鳥の総称。これらは、ガラパゴス諸島とココス諸島にすむ本来は嘴(くちばし)の形や体形、色彩などの点で相互に近縁のフィンチ類が、主として穀食や昆虫食などの食物の食べ分けにより同一系統から種々の嘴に進化した鳥で、イギリスの進化論者C・R・ダーウィンがその進化論の重要な材料としたことで有名で名の由来となっている。適応放散の典型的実例とみられ、なかには小枝やサボテンの刺(とげ)を道具に使って昆虫などを食べる種がいることでも知られる。この類にはガラパゴスフィンチの別名もあるが、そのうちの1種ココスフィンチはガラパゴス諸島には分布していないので、類の厳密な名称としてはダーウィンフィンチのほうが適切である。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダーウィンフィンチの関連キーワードダーウィン(Charles Robert Darwin)バーバラ・ローズマリー グラントピーター・レイモンド グラントガラパゴスフィンチD.L. ラックフウキンチョウヘノベサ島ラック坂根

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダーウィンフィンチの関連情報