コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チクル chicle

翻訳|chicle

百科事典マイペディアの解説

チクル

熱帯アメリカ原産のサポジラの樹皮を傷つけて得られる乳状樹液。一種のゴム質を含み,軟化点が人の体温に近いため,天然ゴムとの混合物をチューインガムのベースとする。
→関連項目チューインガム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チクル

 チクルガムともいう.サポジラ[Manilkara zapota]という植物からとる樹脂状の物質で,チューインガムの基礎剤として用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チクル【chicle】

アカテツ科サポジラの樹木から染みでる乳液を煮つめた固形物。柔軟さと弾力性とをあわせもち,チューインガムの原料として不可欠である。固形物は樹脂分50~65%,ゴム分15~20%,無機質などよりなる。樹脂分はトリテルペンのエステル,ゴム分は弾性ゴムと似たイソプレン多量体よりなる。両者が,チューインガムをかんだときの歯の感触を強く左右する物質であるといわれている。主生産国は中央アメリカのグアテマラ,メキシコであり,これらの国から日本は輸入している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チクル【chicle】

サポジラの樹液を煮つめた固形物。チューイン-ガムの原料となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チクル
ちくる
chicle

アカテツ科の常緑高木であるサポジラの樹液を集めて煮つめたもの。紅赤褐色の固形物で、ゴム質やグッタペルカを含む。チクルをとる植物ということで、サポジラの別称とされることもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチクルの言及

【ゴム】より

…(1)に挙げたアラビアゴムなどとは反対に,水になじまず,アルコール,ベンゼンに溶ける。チクル,ジェルトン,ソルバが代表例である。3者とも似た化学組成をもち,40~60%がトリテルペン樹脂,10~15%がイソプレンの重合体であるゴム,残部は灰分,多糖類である。…

【サポジラ】より

…樹幹を傷つけると白い乳液が出る。これを集めて煮つめたゴム質が天然チクルで,人間の体温程度の温度で適度に軟化するので,チューインガム原料とする。このためチューインガムノキともいう。…

【チューインガム】より

…アジア・アフリカ原住民の間には木の葉や種子をかむ習性が古くからあった。メキシコのマヤ族においても3世紀ごろすでにサポジラ樹のゴム状の樹液を固めたもの(チクル)をかむ習慣があったといわれ,これがチューインガムの起源と考えられている。この風習はインディアンやヨーロッパの開拓者たちに受け継がれていった。…

※「チクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チクルの関連キーワードルドルフ ブッフビンダーフォトリソグラフィーチューインガム基礎剤フォトリソグラフィティル フェルナー角膜レーザー手術サンイグナシオキンタナロー州カンペチェ州レティクル座フォトマスクユカタン半島チェトゥマルラカンドン族パーティクル潮田あかりレチクル座ナルイン川ナマンガンツィクルス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android