チグサガイ(読み)ちぐさがい(英語表記)jewel top

日本大百科全書(ニッポニカ)「チグサガイ」の解説

チグサガイ
ちぐさがい / 千種貝
jewel top
[学] Cantharidus japonicus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。北海道南部から九州、沖縄にかけて分布し、潮間帯の海藻上に多くすむ。高20ミリメートル、殻径12ミリメートルに達し、殻頂がとがった円錐(えんすい)形。螺層(らそう)は9階で、各層の膨らみは弱い。臍孔(へそあな)はほとんど閉じ、殻口は方形。黄色の薄い角質の蓋(ふた)をもつ。殻表は赤色のものが多いが、黄褐色暗褐色のものもあり、また淡色の条斑(はん)のついたものもあって、個体によって色彩や模様の変異が多い。動物体は長い上足触角を振り動かしてはう。

[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チグサガイ」の解説

チグサガイ
Cantharidus japonicus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。殻高 2cm,殻径 1.2cm。殻は円錐形で殻頂はとがり,螺層のふくらみは弱く,体層の周縁には角がある。殻表は赤色のものが多いが,個体変異が多く,黄褐色から暗褐色のものもあり,淡色の条斑が散在する。軟体は頭部に1対の大きな頭触角と,体の両側に3対の細い上足突起をもち,これを振り動かしながら活発にはいまわる。北海道南部から九州,沖縄に分布し,潮間帯から水深 10mほどの岩磯の海藻上に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「チグサガイ」の解説

チグサガイ

ニシキウズガイ科の巻貝。円錐形で高さ2cm,幅1.2cmくらいに達する。殻表は赤褐色の個体が多いが,模様は個体変異が著しい。北海道南部〜九州の潮間帯下の岩礫(がんれき)の海藻上に多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android