コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチタケ

栄養・生化学辞典の解説

チチタケ

 [Lactarius volemus].チダケともいうベニタケ目ベニタケ科チチタケ属の食用キノコ.傘の径3〜12cmになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チチタケ

ハツタケ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チチタケ【Lactarius volemus Fr.】

担子菌類ハラタケ目ベニタケ科の食用キノコ。高さ6~12cm,かさは直径5~12cmほど,はじめ中央がややくぼんだまんじゅう形,のち開いて浅い漏斗形になる。表面はほとんど滑らかで黄茶色,肉は硬いがもろく折れやすい。ひだは白~淡黄色で淡茶色のしみをおび,にやや垂生し,茎は直径1~2.5cm,かさと同じ色で,もろく折れやすく,縦に裂けない。キノコに傷をつけると白い乳を多量に分泌する。乳はやや渋みがあるが辛くはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチタケ
ちちたけ / 乳茸
[学]Lactarius volemus Fr.

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートル、初めは丸山形であるが、やがて開いて浅い漏斗(ろうと)状となる。表面は黄茶色で粘りはない。ひだは淡黄色を帯びた白。茎は円柱状で黄茶色。全体に硬いが、もろく折れやすい。傷つけると白い乳液を多量に分泌するが、味は辛くない。夏、広葉樹林に多く生える。日本全土をはじめ、世界各地に分布する。[今関六也]

チチタケ属

ベニタケ科Russulaceaeは乳液を分泌するチチタケ属Lactariusと分泌しないベニタケ属Russulaに分類される。チチタケ属の代表種がチチタケで、ほかにも多くの種があるが日本での研究は遅れており、和名のないものが多い。チチタケ属は、いずれも樹木の根に菌根をつくって木と共生する。また、乳液の味と色などの特徴は、種を見分ける重要な手掛りとなる。以下にそのおもなものを示す。
 (1)乳は白、辛くない。チチタケ、ヒロハチチタケなど。(2)乳は白、しだいに辛くなる。アカチチモドキ、ヒメチチタケなど。(3)乳は白、きわめて辛い。ツチカブリ、ケシロハツ、カラハツタケなど。(4)乳は白から黄色に変わり、辛い。キカラハツ、キチチタケなど。(5)乳は白から淡紅色に変わり、辛い。ハイイロカラチチタケ。(6)乳は白から淡紅色に変わり、辛くない。クロチチタケ。(7)乳は白から紫に変わり、辛い。トビチャチチタケ、ウズハツ。(8)乳は白から灰緑色に変わり、辛くない。キハツタケ。(9)乳は橙(だいだい)色ないし紅色から青緑色に変わり、多少辛い。ハツタケ、アカハツなど。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チチタケの関連キーワードベニタケ(紅茸)ツチカブリチダケサシ乳茸刺

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android