チャールトン(読み)ちゃーるとん(英語表記)Bobby Charlton

日本大百科全書(ニッポニカ)「チャールトン」の解説

チャールトン
ちゃーるとん
Bobby Charlton
(1937― )

イングランドのプロサッカー選手。ボビー・チャールトンとよばれる。本名はロバート・チャールトンでボビーはニックネーム。10月11日、イングランドのアシントンに生まれる。イングランド代表として106試合に出場し、総得点49はイングランド代表の最高記録である。19歳のときマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)でトップリーグ初出場。2年後、チームはミュンヘンの航空機事故で多くのレギュラーメンバーを失ったが、奇跡的に生還したチャールトンは、やはり生き残った監督バスビーMatt Busby(1909―1994)とともにチームを再建。事故から10年を経た1968年に、イングランドのクラブとしては初のヨーロッパ・チャンピオンズ・カップ(現、UEFAチャンピオンズ・リーグ)優勝を果たした。その2年前の1966年には、イングランド代表の中心選手としてワールドカップ優勝に貢献、同年ヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)を受賞している。冷静沈着な判断力と正確なパスを駆使するゲーム・メーカーであると同時に、「キャノンシュート」とよばれる強烈なシュート力で得点を量産した。

[西部謙司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android