コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヤンシー(江西)省 チヤンシーJiangxi

翻訳|Jiangxi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヤンシー(江西)〔省〕
チヤンシー
Jiangxi

略称はカン (贛) 。中国,華東地方南西部の1級行政区。6特別市と5地区に分れ,11市 75県が含まれる。行政中心地はナンチャン (南昌) 特別市。戦国時代には楚の地であった。唐で江南西道に属したことから江西の名が生じ,明代に省域が定まった。北縁をチャン (長) 江が東流する。北部には盆地状のポーヤン (鄱陽) 湖平原があり,中部から南部は丘陵と山地である。省境の山地から多数の河川が流出して,ポーヤン湖に注いでいる。最大の河川はカン江で,省の2分の1を流域とする。平均気温は1月で4~9℃であるが,山脈に囲まれるために7月では 28~30℃に達する。年降水量は 1300~2000mmで,4~6月に集中し,秋と冬は乾燥する。ポーヤン湖平原は面積2万 km2で,古くから「魚米之郷」の名がある。山間には大小の盆地と広い谷が開け,重要な農業地域である。食糧作物の播種面積のうち 80%を水稲が占める。工芸作物はアブラナを中心に,ワタ,カラムシなどがある。丘陵では北部は茶,南東部は柑橘類,南部はサトウキビを栽培し,つばき油,桐油の産出も多い。漁業も盛んであり,チャン江沿岸は稚魚の産地として知られる。南部にタングステンの大鉱床があり,ターユイ (大余) 県などで採掘されている。鉄,石炭,銅,スズ,マンガンなどの鉱山もある。工業は鉄鋼,冶金をはじめ,機械,化学,電力,紡織,製紙,製糖,製茶などが比較的発達している。2分の1以上の県に化学肥料の工場がある。ナンチャン市はポーヤン湖平原のカン江東岸にあり,チョーカン (浙 贛) 鉄道,ナンシュン (南潯) 鉄道が接続していて,省の水陸交通の中心である。チウチヤン (九江) 市はチャン江の重要河港の一つ。北東部のチントーチェン (景徳鎮) 市は中国最大の陶磁器産地。カンチョウ (贛州) 市はカン江の上流にのぞみ,省南部の中心地である。面積 16万 6600km2。人口 3771万 281 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チヤンシー(江西)省の関連キーワードチューコワンシャン(諸広山)山脈ルオシヤオシャン(羅霄山)山脈チントーチェン(景徳鎮)特別市チウリエンシャン(九連山)山脈チウリンシャン(九嶺山)山脈ワンヤンシャン(万洋山)山脈ムーフーシャン(幕阜山)山脈ウーコンシャン(武功山)山脈ウーイーシャン(武夷山)山脈チュイチョウ(衢州)特別市ターユイリン(大庾嶺)山脈ホワンヤンチエ(黄洋界)チャンシュー(樟樹)鎮シャンリン(杉嶺)山脈イーチュン(宜春)地区チンホワ(金華)特別市チャンティン(長汀)県シャンラオ(上饒)地区カンチョウ(贛州)地区シャンユー(上猶)ダム

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android