コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュド湖 チュドこ Chudskoye ozero

3件 の用語解説(チュド湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュド湖
チュドこ
Chudskoye ozero

エストニア語ではペイプス湖 Peipsi järv。エストニアロシアとの国境にある湖。面積 2670km2。細長いチョプロエ湖 (面積 170km2) によって,南方のプスコフ湖 (同 710km2) と結ばれるが,この3湖を合せてチュド湖と呼ぶこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チュド‐こ【チュド湖】

Chudskoe ozeroЧудское озероペイプシ湖ロシア語名。チュード湖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュド湖
ちゅどこ
Чудское Озеро Chudskoe Ozero

ロシア連邦北西部プスコフ州とエストニア共和国との境にある湖。エストニア語(Peipsi Jarv)や英語(Lake Peipus)などではペイプス湖ともよばれている。南北約75キロメートル、東西約50キロメートル、面積2670平方キロメートル。湖の南部は、細長いチョープロエ湖Тёплое О./Tyoploe O.(長さ約25キロメートル、幅約3キロメートル、面積170平方キロメートル)によってプスコフ湖(面積710平方キロメートル)と結ばれており、チュド・プスコフ湖Чудско‐Псковское О./Chudsko-Pskovskoe O.と総称される。平均水深は7.5メートル、最深部はチョープロエ湖にあって14.6メートル。氷河の移動作用によって形成された氷河期の遺物で、多数の島がある(最大はピリサール島)。湖岸には泥炭が堆積(たいせき)し、北岸および東岸には砂堆が発達している。湖の北端からナルバ川が流出してフィンランド湾に注ぐ。11月下旬から5月上旬までは結氷する。漁業が盛んである。1242年アレクサンドル・ネフスキー公の率いるノブゴロド軍が、チュド湖の氷上でドイツのリボニア騎士団を破った古戦場として知られる。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チュド湖の関連キーワードエストニア語イエス・キリストウエストニッパーパイプスペーススールムナマギスターズ&ストライプスハイウエストペイプシ湖ペイプス湖チュド[湖]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone