チュド湖(読み)チュドこ(英語表記)Chudskoye ozero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュド湖
チュドこ
Chudskoye ozero

エストニア語ではペイプス湖 Peipsi järv。エストニアとロシアとの国境にある湖。面積 2670km2。細長いチョプロエ湖 (面積 170km2) によって,南方のプスコフ湖 (同 710km2) と結ばれるが,この3湖を合せてチュド湖と呼ぶこともある。季節による水位差が著しく,最大水深 15m,洪水期に増水する。 12月~5月は結氷。北端からナルバ川が流出し,漁業も盛ん。 1242年チョプロエ湖の氷上ノブゴロドアレクサンドル・ネフスキーの軍が,西方から侵入したドイツ騎士団を撃破した戦いは「氷上の戦い」として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュド湖
ちゅどこ
Чудское Озеро Chudskoe Ozero

ロシア連邦北西部プスコフ州とエストニア共和国との境にある湖。エストニア語(Peipsi Jarv)や英語(Lake Peipus)などではペイプス湖ともよばれている。南北約75キロメートル、東西約50キロメートル、面積2670平方キロメートル。湖の南部は、細長いチョープロエ湖Тёплое О./Tyoploe O.(長さ約25キロメートル、幅約3キロメートル、面積170平方キロメートル)によってプスコフ湖(面積710平方キロメートル)と結ばれており、チュド・プスコフ湖Чудско‐Псковское О./Chudsko-Pskovskoe O.と総称される。平均水深は7.5メートル、最深部はチョープロエ湖にあって14.6メートル。氷河の移動作用によって形成された氷河期の遺物で、多数の島がある(最大はピリサール島)。湖岸には泥炭が堆積(たいせき)し、北岸および東岸には砂堆が発達している。湖の北端からナルバ川が流出してフィンランド湾に注ぐ。11月下旬から5月上旬までは結氷する。漁業が盛んである。1242年アレクサンドル・ネフスキー公の率いるノブゴロド軍が、チュド湖の氷上でドイツのリボニア騎士団を破った古戦場として知られる。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android