コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリグモ チリグモ Oecobius annulipes

3件 の用語解説(チリグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリグモ
チリグモ
Oecobius annulipes

クモ綱クモ目チリグモ科。体長 2.5mmほどの微小種。体は灰白色で,腹背には多数の白色斑と数個の褐色斑がある。頭胸部,腹部ともやや幅広い。屋内性で,天井の隅,板の継ぎ目などに直径 5mmほどの白色の住居をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チリグモ【Oecobius annulipes】

チリグモ科のクモ。家の中の壁,天井,窓枠の隅や庭の石灯籠,周囲の塀,樹木のへこみなどに4mmから1cmの小さな天幕状の網と数本の糸を張り,その下に潜む。世界の温帯・熱帯地域に広く分布し,日本では本州,四国,九州,南西諸島に分布している。体長2~3mm。ちりとまちがえられるほど小さいのでこの名がある。頭胸部は白色または灰白色で,周辺部には褐色の縁どりがある。また眼の周囲より背甲中央にかけて褐色の斑紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チリグモ
ちりぐも / 塵蜘蛛
[学]Oecobius annulipes

節足動物門クモ形綱真正クモ目チリグモ科に属するクモ。体長2.5ミリメートルほどで、天井の桟のきわ、板の継ぎ目などに直径4、5ミリメートルの白色で扁平(へんぺい)の幕のような網をつくってその中に潜むが、はい出して室内を歩行することも多い。獲物をみつけると、その周りを回りながら糸でぐるぐる巻き付ける。世界に広く分布し、日本では、本州、四国、九州、南西諸島の家屋内にみられるが、本州では北部や中部にはいない。ヒラタグモと形が似ているので、ヒラタグモ科として扱われることもある。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チリグモの関連キーワード蟻蜘蛛子守蜘蛛下がり蜘蛛笹蜘蛛幽霊蜘蛛大姫蜘蛛蟹蜘蛛蠅取蜘蛛葉蜘蛛曇雲

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone