コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリグモ Oecobius annulipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリグモ
Oecobius annulipes

クモ綱クモ目チリグモ科。体長 2.5mmほどの微小種。体は灰白色で,腹背には多数の白色斑と数個の褐色斑がある。頭胸部,腹部ともやや幅広い。屋内性で,天井の隅,板の継ぎ目などに直径 5mmほどの白色の住居をつくる。世界に広く分布する。なおチリグモ科 Oecobiidaeは8個の単眼が集団をなし,後列中央の眼が正三角形である。日本産は1属2種が知られている。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チリグモ【Oecobius annulipes】

チリグモ科のクモ。家の中の壁,天井,窓枠の隅や庭の石灯籠周囲の塀,樹木のへこみなどに4mmから1cmの小さな天幕状の網と数本の糸を張り,その下に潜む。世界の温帯・熱帯地域に広く分布し,日本では本州,四国,九州,南西諸島に分布している。体長2~3mm。ちりとまちがえられるほど小さいのでこの名がある。頭胸部は白色または灰白色で,周辺部には褐色の縁どりがある。また眼の周囲より背甲中央にかけて褐色の斑紋がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チリグモ
ちりぐも / 塵蜘蛛
[学]Oecobius annulipes

節足動物門クモ形綱真正クモ目チリグモ科に属するクモ。体長2.5ミリメートルほどで、天井の桟のきわ、板の継ぎ目などに直径4、5ミリメートルの白色で扁平(へんぺい)の幕のような網をつくってその中に潜むが、はい出して室内を歩行することも多い。獲物をみつけると、その周りを回りながら糸でぐるぐる巻き付ける。世界に広く分布し、日本では、本州、四国、九州、南西諸島の家屋内にみられるが、本州では北部や中部にはいない。ヒラタグモと形が似ているので、ヒラタグモ科として扱われることもある。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チリグモの関連キーワードナガイボグモヒラタグモ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android