コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルターン丘陵 チルターンきゅうりょう Chiltern Hills

3件 の用語解説(チルターン丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チルターン丘陵
チルターンきゅうりょう
Chiltern Hills

イギリス,イングランド南部にある丘陵。ロンドンの北西方に位置する白亜から成る丘陵で,南西から北東に約 70kmにわたって延び,ロンドン盆地の北西を限る。最も高いところはウェンドーバー近くにあるクーム丘陵で,標高 260m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チルターンきゅうりょう【チルターン丘陵 Chiltern Hills】

イギリス,イングランド南東部,ロンドン北西にあるチョーク層の丘陵。オックスフォードシャーのテムズ川上流域からベッドフォードシャー南部まで南西~北東方向に連なり,最高はクーム・ヒル(260m)。ケスタ地形をなし,北西のミッドランドの低地側に急崖,南東のロンドン盆地側に緩傾斜となる。残存するブナ林は家具工業の原料であるが,ナショナル・トラストによる保全地域も広い。鞍部はロンドンから放射する鉄道や道路の通過点となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チルターン丘陵
ちるたーんきゅうりょう
Chiltern Hills

イギリス、イングランド中央部の丘陵。ロンドン北西部に北東―南西方向に続く。幅約30キロメートル、延長約90キロメートル。最高点は255メートル。ロンドン盆地周辺に分布する白亜紀チョーク質ケスタ地形の一部で、北西に急崖(きゅうがい)をもちロンドンに向かって南東へ緩斜する。ロンドン盆地南部には、同じチョークのつくる丘陵ノース・ダウンズがある。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チルターン丘陵の関連キーワードイギリス東インド会社カンタベリークロイドンテムズ倫敦ヘースティングズ城ロンドン橋落ちたロンドン・コーリンググリニジHastings

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone