チロシンキナーゼ(英語表記)tyrosine kinase

デジタル大辞泉の解説

たんぱく質を構成するアミノ酸の一つであるチロシンリン酸を付加する機能を持つ酵素プロテインキナーゼの一種。細胞の増殖分化などに関わる信号の伝達に重要な役割を果たす。遺伝子の変異によってチロシンキナーゼが異常に活性化すると、細胞が異常に増殖し、癌(がん)などの疾病の原因となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 タンパク質チロシンキナーゼともいう.タンパク質の中のチロシンをリン酸エステル化する反応を触媒する酵素.インスリンレセプターインスリンレセプター基質などもこの酵素活性をもつ.細胞内での信号伝達系で重要な機能をはたし,遺伝子の変異によって基質となるチロシンを変異させると,信号伝達に重大な障害がでることが多い.インスリン,インスリン様成長(増殖)因子上皮成長因子などの信号伝達に関与する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android