コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロシンキナーゼ tyrosine kinase

デジタル大辞泉の解説

チロシン‐キナーゼ(tyrosine kinase)

たんぱく質を構成するアミノ酸の一つであるチロシンリン酸を付加する機能を持つ酵素プロテインキナーゼの一種。細胞の増殖・分化などに関わる信号の伝達に重要な役割を果たす。遺伝子の変異によってチロシンキナーゼが異常に活性化すると、細胞が異常に増殖し、癌(がん)などの疾病の原因となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

チロシンキナーゼ

 タンパク質チロシンキナーゼともいう.タンパク質の中のチロシンをリン酸エステル化する反応を触媒する酵素.インスリンレセプターインスリンレセプター基質などもこの酵素活性をもつ.細胞内での信号伝達系で重要な機能をはたし,遺伝子の変異によって基質となるチロシンを変異させると,信号伝達に重大な障害がでることが多い.インスリン,インスリン様成長(増殖)因子,上皮成長因子などの信号伝達に関与する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

チロシンキナーゼの関連キーワードチロシンホスファターゼ生体膜マイクロドメインアダプタータンパク質インスリン受容体障害細胞内情報伝達機構上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ系慢性骨髄性白血病リンタンパク質ゲフィチニブ自己リン酸化イマチニブ分子標的薬成長因子EGFR増殖因子ドメインSRCJAKcrk

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android