コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツタウルシ

2件 の用語解説(ツタウルシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツタウルシ

ウルシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツタウルシ
つたうるし / 蔦漆
[学]Rhus ambigua Lav.

ウルシ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。気根で他の樹木に巻き付く。葉は互生し、3出複葉で、長い柄がある。小葉は広楕円(こうだえん)形、長さ10センチメートル、全縁で先は鋭くとがる。雌雄異株。初夏、葉腋(ようえき)に円錐(えんすい)花序をつくり、黄緑色の小花を開く。花は雌雄とも花弁は5枚、萼(がく)は5裂する。雌花には退化した5本の雄しべと、1本の雌しべがあり、雄花には5本の雄しべがある。核果は扁球(へんきゅう)形で、径5~6ミリメートルであり、淡黄色に熟す。樹液に毒性があり、毒性はウルシの仲間ではかなり強い。北海道から九州の山地に普通に生え、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)、中国に分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のツタウルシの言及

【ウルシ(漆)】より

…日本の特産で北海道,本州,四国,九州に分布する。3出葉を有するつる性のツタウルシR.ambigua Lavallée ex Dippel(イラスト)はサハリン,南千島,北海道,本州,四国,九州,台湾に分布する。小葉は楕円形ないし卵形で長さ5~15cm。…

※「ツタウルシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツタウルシの関連情報