ツバキ科(読み)つばきか

日本大百科全書(ニッポニカ)「ツバキ科」の解説

ツバキ科
つばきか
[学] Theaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉大木。両性花で、普通は葉腋(ようえき)に1花を開く。萼片(がくへん)は5枚または多数で、果期まで残っている。花弁は5枚、離生または基部が合着する。雄しべは多数、まれに5本のものがある。子房は上位。果実は裂開する蒴果(さくか)が多いが、液果や石果もある。胚乳(はいにゅう)は少ないか、まったくない。果実の特徴で大別すると、果実が裂開せず肉質な液果を結ぶヒサカキ、サカキ、モッコクはモッコク亜科に属し、果実が裂開する蒴果を結ぶツバキ、チャノキ、ナツツバキなどはツバキ亜科に分類する。世界に30属500種あり、おもに熱帯、亜熱帯に分布するが、少数は温帯にもある。日本には約8属20種が分布する。世界で広く栽培され、多くの園芸品種がある。

[杉山明子 2021年4月16日]

 APG分類でもツバキ科とされる。チャノキ属はツバキ属に統合された。ヒサカキ、サカキ、モッコクのグループは、サカキ科(モッコク科、ペンタフィラクス科ともいう)として独立した。この分類によると、世界に約7属250種あり、日本には4属9種が分布する。

[編集部 2021年4月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ツバキ科」の解説

ツバキ科
ツバキか
Theaceae

双子葉植物オトギリソウ目の1科。世界の熱帯から暖温帯にかけて 16属約 500種がある。常緑の低木ないし高木で,ツバキ属 Camelliaのほか,チャノキ属 Thea,ヒサカキ属 Eurya,モッコク属 Ternstroemiaなどを含む。葉は互生し,単純形で革質。放射相称形で5弁の両性花をつけるが,花弁数はときに4枚または多数となる。おしべは多数あって基部で癒着するものが多い。果実は乾果核果をつくる。チャ (茶)緑茶や紅茶の原料として世界的に広く栽培され,ツバキ (椿)モッコク (木斛)ナツツバキ (夏椿)などは庭樹としてよく知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のツバキ科の言及

【ツバキ(椿)】より

…日本の花木を代表するツバキは,ツバキ科の中でも観賞植物として最も広く利用され,親しまれている。常緑高木で,冬から春にかけて開花する。…

※「ツバキ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android