コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメブ Tsumeb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツメブ
Tsumeb

ナミビア北部の町。ウィントフーク北北東約 360kmに位置。銅,亜鉛,鉛,バナジウムを産するナミビア有数の鉱山がある。国内の南北を結ぶ鉄道の最北の終点。空港がある。人口 1万3108(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツメブ(Tsumeb)

ナミビア北部の鉱山都市。標高約1300メートルの高原に位置する。20世紀初頭に銅、鉛、亜鉛などの採掘が始まり発展した。港湾都市ウォルビスベイと鉄道で結ばれる。エトシャ国立公園への観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメブ
つめぶ
Tsumeb

アフリカ南部、ナミビア北部の鉱山都市。ウィントフークの北440キロメートル、標高1300メートルの高原に位置する。人口1万5000(1999)。1908年、ドイツ系の会社によって銅、鉛、亜鉛の採鉱が開始され鉱山町として発展した。南西520キロメートルのウォルビス・ベイから鉄道が通じる。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツメブの関連キーワードベイルドン石ガリウム銅鉱古遠部鉱オワンボ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android