コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルドクダミ ツルドクダミ Pleuropteris multiflorus(Polygonum multiflorum)

3件 の用語解説(ツルドクダミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルドクダミ
ツルドクダミ
Pleuropteris multiflorus(Polygonum multiflorum)

タデ科の多年草。中国原産で古く薬草として日本に渡来したが,各地に野生化している。地下に肥大した塊根があり,茎はつるになり他物に巻きついて茂る。塊根を乾かしたものをカシュウ (何首烏) といい,強壮剤とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ツルドクダミ【Polygonum multiflorum Thunb.】

ドクダミに似た葉をもつ,つる性のタデ科の多年草(イラスト)。中国原産で1720年(享保5)に長崎に渡来した。薬用に栽植されるが,各地で野生化している。根はサツマイモのような硬い塊根。大きなものは重さ1kg以上になる。茎は基部は木質,つる性でよく分枝し,長さ数mに達する。互生する葉は心形で,先はとがり長さ3~6cm。葉鞘(ようしよう)は膜質。花期は8~10月,葉腋(ようえき)から円錐花序を出し,多数の小型の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルドクダミ
つるどくだみ
[学]Polygonum multiflorum Thunb.

タデ科の多年草。ドクダミの名がついているがドクダミ科の植物ではない。根は地中を伸び、ところどころ丸くて堅い塊根となる。茎はつる状に長く伸び、他物に巻き付く。葉は長柄があって互生し、卵状心臓形で先端はとがり、ドクダミによく似た形で長さ4.5~6センチメートル。名は、この葉の形がドクダミに似ているつる草の意味である。表面の葉脈上に小突起があるが、ほかは無毛で質は薄い。葉鞘(ようしょう)は短い円筒状で膜質、長さ2~3ミリメートルで縁毛はなく、小突起がある。8~10月、葉腋(ようえき)に大きな円錐(えんすい)花序をつくり、小花を多数開く。花被片(かひへん)は5枚、白または紅色で円形。花期後、3枚は成長して果実を包んで広倒卵形となり、長さ7~8ミリメートル、3翼がある。痩果(そうか)は長さ2ミリメートル、黒褐色で光沢がある。江戸時代に中国から伝わり、現在では日本各地に野生化している。[小林純子]

薬用

漢方では、塊状に肥大した赤褐色の根を何首烏(かしゅう)と称し、鎮静、強精、緩下剤として、老衰、神経衰弱、不眠症、マラリア、高血圧症、遺精などの治療に用いる。何首烏とは中国に伝わる長寿者の名で、ツルドクダミの根を粉末にして服用し、長寿を保ったという。なお、生の葉を腫(は)れ物にはると膿(のう)(うみ)を吸い出すことができる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルドクダミの関連キーワードタデ(蓼)岩沢瀉蔓蕺蕺草柳蓼花蓼春蓼独身アパートどくだみ荘蕺草茶

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone