コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルフジバカマ

百科事典マイペディアの解説

ツルフジバカマ

マメ科の多年草。北海道〜九州,アジアの温帯〜亜寒帯に分布し,山野にはえる。茎はつる状にのび,高さ80〜180cm。葉は長楕円形の小葉10〜16枚からなる羽状複葉で,先は巻きひげに終わる。8〜10月,葉腋から花穂を出し,長さ15mm内外,紅紫色の蝶(ちょう)形花を多数つける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルフジバカマ
つるふじばかま
[学]Vicia amoena Fisch.

マメ科の多年草。茎はつる状に伸び、長さ2メートルに達する。葉は10~16枚の小葉からなる偶数羽状複葉。葉軸の先端は分枝する巻きひげとなる。8~10月、葉腋(ようえき)から出る長い総状花序に多数の紅紫色花を密につける。山野の草原に生え、北海道から九州、および千島、樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国、シベリアに広く分布する。名は、紅紫色の花をフジバカマの花になぞらえたものという。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルフジバカマの関連キーワードヒメシロチョウ(姫白蝶)ヒメシロチョウマメ科

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android